白熱の加速競争!世界のスポーツカー10台 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白熱の加速競争!世界のスポーツカー10台

20141004_a1.jpg


米国の自動車メディア「モータートレンド」が、「GT-R」や「WRX STI」といった日本車を含む、世界の10台のスーパーカー/スポーツカーによる加速競争の様子をネット上で公開している。


画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします。
20141004_a2.jpg


なお、競争を繰り広げる10台の顔ぶれは以下の通り。

・アルファロメオ「4C」
・BMW「i8」
・BMW「M4クーペ」
・シボレー「カマロZ/28」
・フォード「フィエスタST」
・ジャガー「FタイプRクーペ」
日産「GT-Rニスモ」
・ポルシェ「911ターボS」
スバル「WRX STI」
・フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/10/04/234103.html


ハイレベルな戦い


動画を見て頂けばお分かりの通り、上位2台は予想通りの結果といったところ。

それにしても「WRX STI」でさえ、この10台の中に混じって走れば遅く見えてしまうのが恐ろしいところだ。WRXも相当速いクルマなのだが・・・。


ちなみに結果は以下の通りだ。

 1位:ポルシェ「911ターボS」
 2位:日産「GT-Rニスモ」
 3位:ジャガー「FタイプRクーペ」
 4位:BMW「M4クーペ」
 5位:シボレー「カマロZ/28」
 6位:BMW「i8」
 7位:アルファロメオ「4C」
 8位:スバル「WRX STI」
 9位:フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」
10位:フォード「フィエスタST」


ポルシェとGT-Rはいい勝負だったが、スペックの差がそのまま着差になった感じ。

WRX STIは、アルファロメオの4Cよりもパワー/トルク共に上回るはずなので、わずかな着差とはいえ、そこは先着してもらいたかったなぁと思うのだが、まぁ車高が全然違うし、車体のフォルムというか空力的なところで相手に分があったといったところか。


単純な直線勝負なので、スペック上位で空力の良いクルマが上位に来るのが、ある意味あたりまえの競争。

この競争の結果とクルマの良し悪しは全く関係ないが、人間というのはどこか本能的にこういった競争、勝ち負けに興味をひかれるものだ。

これからも面白そうな競走動画があれば、こういった形で記事に取り上げていこうと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/100-cc148c6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。