日本カーオブザイヤー、10ベストカー発表 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本カーオブザイヤー、10ベストカー発表

20141008_b1.jpg


10月8日、「日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015」にノミネートされた38台の中から、第一次選考を通過した10ベストカーが発表された。


10ベストカーは以下の通り。

マツダ「デミオ」
メルセデスベンツ「Cクラスセダン」
BMW「i3」
スバル「レヴォーグ」
プジョー「308」
スズキ「ハスラー」
トヨタ「ヴォクシー/ノア」
日産「スカイライン」
ホンダ「N-WGN/N-WGN カスタム」
ジープ「チェロキー」

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/10/08/234440.html


無念!「アクセラ」落選!


ノミネート車の中では、その「出来の良さと価格のバランス」で、他の候補よりもリードしていると思っていたアクセラが、10ベストカー(第一次選考)の段階で落選となった。

マツダからは「アクセラ」と「デミオ」の2車種がノミネートされていたので、どちらかを残すとなったとき、後発で話題的にも新しくてホットな「デミオ」が有利だったのかもしれない。

まぁこういった賞というのは、タイミングとかライバルとキャラがカブるカブらないなどの「運」も絡んでくるので、今回はアクセラには運がなかったということで非常に残念だ。


というわけで、先日アップした記事、

日本カーオブザイヤー2014-2015、ノミネート車を発表

の中で、筆者が日本カーオブザイヤー候補として名前を挙げた5台のクルマのうち、10ベストカーに残っている(第一次選考を突破した)のは下記の3台となった。

【日産】
・スカイライン

【スバル】
・レヴォーグ

【メルセデスベンツ】
・Cクラスセダン


根拠のない直感だが、日本カーオブザイヤーに輝く可能性の高さを、あえて順位で示すとすると、

1位:Cクラスセダン
2位:レヴォーグ
3位:スカイライン

かなぁ、と。

特にCクラスセダンとレヴォーグはかなり僅差の勝負ではないかと思う。

注目の発表は10月13日。
筆者の予想は当るのか、発表が待ち遠しい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/103-b7c84023

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。