アキュラ、RLXとMDXが何気に面白いリコール - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキュラ、RLXとMDXが何気に面白いリコール

20141017_a1.jpg


アメリカンホンダは、アキュラ「RLX」と「MDX」のリコールを発表した。


対象となるのは、アキュラRLXの2014年モデル約7000台と、「MDX」の2014-2015年モデル約3万6000台の、計およそ4万3000台。

シートベルトに不具合があり、気温0度以下の時、前席シートベルトが引き出せない恐れがあるという。
シートベルト未装着で走行した場合、事故の際に負傷するリスクが高いとしている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/10/17/235235.html


不覚にもウケた


わざわざ記事に取り上げるほどのニュースでもないが、読んでいて思わずウケてしまったのでつい取り上げてしまった。

「シートベルト」などという極めて古典的な装備での不具合である点も、その面白さの要因の1つではあるが、それより何より、「引き出せなくなる」という状況を想像した時の滑稽さが格別だ。

そして、ダメ押しとばかりに、
「シートベルト未装着で走行した場合、事故の際に負傷するリスクが高い」
などと、説明付きときたものだから、思わず、「わかっとるわ!」と突っ込んでしまった。


進化よりも重要な「基本」機能


「古典的」な装備のシートベルトも時代と共に進歩して、今では自動で引き込んでくれたりと、昔にはなかった機能が付加されたりもしてきている。

そういう意味では、地味ながら今も進化を続ける装備の1つかもしれないが、進化の一方で、本来果たすべき機能が発揮できなくなるような不具合があっては本末転倒だ。

どんなにクルマの装備が複雑になっても、こういった基本的な装備の基本的な作動については、充分なチェックをおこなってから発売して頂きたいものだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/109-21d4dd28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。