日産リーフの電池交換にかかる費用が判明 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産リーフの電池交換にかかる費用が判明

20140711_a1.jpg


日産の電気自動車「リーフ」。
このたび北米日産は、リーフの電池交換価格を発表した。

電池価格は6499ドルだが、中古電池に対する1000ドルの払い戻しがあるそうで、差し引きすると電池交換価格は5499ドルとなる。


リーフの電池は、8年間もしくは走行距離16万kmが保証範囲となっているが、電池交換が必要になった場合の費用については、これまで明らかにされていなかった。

今回、交換電池の価格が発表されたのは、米国ユーザーの間で、「交換電池の価格が不明なら、新車を買うよりもリースのほうが安心だ」という考えが広まっていたことが背景にあるようだ。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/07/11/227402.html


良くも悪くも予想を裏切らない価格


5499ドルという価格、まぁそんなモンだろうなという印象の価格だ。8年保証、16万km保証という、なかなか思ったより十分とも言える保証が付いていることを考えると、決してべらぼうに高いわけではないと感じる。

言い換えれば、意外と安くてうれしいと思うような価格でもなく、かと言って落胆させられるほど高いわけでもない、いい意味でも悪い意味でも予想の範疇といったところだろう。

しかしそれよりも驚いたのは、これまで電池交換価格が、米国でも日本でも一切公表されていなかったという事実だ。

そこを確認しないで買っていく客は、ある意味セレブなのだろう。自分ならとても考えられない。なにしろ電気自動車は、ハイブリッド以上に「電池が命」のクルマなのだから。


そして気になるのは、電池の価格がわからないならリースのほうが安心と言っていた客たちのその後の反応だ。残念ながらそれについては情報が無いが、今回の発表をきっかけに、ますますリースでしか使ってもらえないクルマになってたりして。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/11-94460b12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。