衝突軽減など、各クルマの予防安全性能試験の結果 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝突軽減など、各クルマの予防安全性能試験の結果

20141024_a1.jpg


国土交通省と自動車事故対策機構は、「予防安全性能アセスメント試験」の試験結果を発表した。
この試験は、衝突軽減ブレーキおよび車線逸脱警報装置の安全性能について試験をおこなうもの。


その結果、レクサス「LS」、日産「スカイライン」、スバル「レヴォーグ」の3車種が満点の40点を獲得し、最も安全性が高いと評価された。

なお、各クルマの試験結果一覧は以下の通り。

 画像をクリックすると拡大します
20141024_a2.jpg

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/10/24/235753.html
http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_automobile.html
http://www.nasva.go.jp/mamoru/download/test_j_2014_active_safety.xlsx


さすがのスバルと、レクサス頂点の意地


自動ブレーキと言えばスバル、ということで、スバル車に高得点がつくことは容易に予想できたが、意外だったのはレクサス「LS」。

LSはレクサスのフラッグシップであり、持てる技術を惜しみなく投入された、事実上、日本の最高級車と言ってもいい存在だけに、価格も相当高額だ。

それだけに、最高の安全が確保されていなければならない、とでも言わんばかりの満点獲得、というところだろう。


逆に言うと、そこまでお金をかけている「LS」と同等の安全が、半額以下の価格で実現されているスバル車は非常にコストパフォーマンスが良いとも言えるだろう。
こちらも、自動ブレーキ先駆者の意地、と言ったところか。

ただし、「LS」には後方に対する安全支援装備もあるが、スバル車のアイサイトには後方への安全支援は無いため、試験の点数に表れない安全性という面では「LS」にさらなる優れた面があることを付け加えておく。


実は「最高」はスカイライン!


大健闘の日産スカイライン。こちらも満点の40点を獲得している。

スカイラインにはスバル車には無い後方への安全支援装備があるので、「LS」同様、全方位を考えるとスカイラインは満点以上の安全性があると言える。

そうなると、価格も含めて考えた時、実は日産「スカイライン」が、最高の安全性とコストパフォーマンスを持つクルマ、と言えるだろう。

今回の試験結果は、自動ブレーキ先駆者だったスバル車の確かな安全性を示すと同時に、スバル関係者にとっては他社の猛追を感じさせられる結果ではないだろうか。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/114-83f73e25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。