ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」

20141031_a1.jpg


ホンダは、12月1日に発売予定の新型ハイブリッドセダン「GRACE(グレイス)」について、公式サイトで先行公開した。


20141031_a2.jpg


グレイスはフィットベースの小型セダンで、「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載したハイブリッド車。


20141031_a3.jpg


ホンダはニュースリリースで「グレイス」というクルマについて、

「優れた低燃費と力強い走りに加え、コンパクトセダンの扱いやすさと、上級セダンのようなゆとりある広さや上質な室内空間を融合した、新時代のコンパクトセダン」

と説明している。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/10/31/236325.html
http://www.honda.co.jp/news/2014/4141031.html
http://www.honda.co.jp/GRACE/new/


「シティ」の日本版


以前のこのブログの記事、

ホンダ、新型シティが牽引役で販売好調

の中でも触れた通り、今回の「GRACE(グレイス)」は、すでにインドで「シティ」という車名で売られている(インド仕様はガソリン/ディーゼルだが)。

日本での車名はグレイスになるという情報は以前から自動車雑誌等で報じられていたが、まさにその通りになった形だ。 「シティ」そのままにならなくて本当に良かったと思う。


新時代のコンパクトセダン?


貴重な新型セダンの誕生ということで、あまり文句は言いたくないのだが、ホンダが説明する「新時代のコンパクトセダン」という表現には抵抗を感じずにはいられない。

それは、発想に新しさを感じることができないからだ。


20141031_a4.jpg


グレイスのインテリア画像を見る限り、車体サイズの割には後席がかなり広そうに見えるが、スペース効率重視のずんぐりむっくりしたフォルムのセダンなら、何年も前からある。

グレイスのフォルムも、正直「ずんぐりむっくり」といった感じがし、以前からある他車と比べても、「新時代の」などという要素は無いように見える。むしろ旧態依然といった第一印象だ。

せっかく、近年カッコいいと思えるフォルムのセダンが増えてきたなぁと思っていたのだが、正直、今回の「グレイス」にはそういった印象を持つことができなかったどころか、古いデザインに逆戻りした感じすら受ける。

まぁクルマの形なんて人によって好みは千差万別なので、グレイスを見てカッコいいと感じる人も中にはいるのだろうが・・・。


こだわりポイントがズレているのでは?


最近のホンダは、やたら「広さ」にこだわりすぎではないだろうか?

ホンダのホームページで車種ラインナップを見ると、どうも「箱」みたいなクルマばかりで、デザイン的に魅力に欠けるものが多いと感じる。

まぁそれはあくまでも筆者の好みに照らしての話なので、一般的にはそうではないのかもしれないが、「小さいサイズで広々室内」というのを重視しすぎて、同じようなクルマばかり作っているように見える。

昔のホンダ車はカッコいいクルマが多かった(特にバブル期の頃)と思うだけに、今のホンダの現状は筆者にとってすごく残念だ。


20141031_a5.jpg

20141031_a6.jpg


オンリーワンを目指してほしい


イマドキ、「広さ」をアピールするクルマなんぞ、どこのメーカーにでも腐るほどあって、そんなアピールは正直もう聞き飽きた。

ホンダと言えば「エンジン屋」だと筆者は思っているので、見た瞬間に「走りの良さ」をイメージさせるようなクルマとか、もっと本来のホンダらしい「スポーツ」を感じさせるクルマを増やしてもらいたいというのが個人的な思いだ。


昔はもっと個性的なメーカーだったと思うのだが、いかんせん、会社が成長した(しすぎた?)ことによって、あまり冒険できない、ありきたりのメーカーになってしまったのかなぁ、という気がしないでもない。

ホンダには、市場の既存のニーズばかりにとらわれず、全く新たな物を生み出し、新たな流行を自ら作り出せるような、そんな斬新でオンリーワンな企業を目指してもらいたい。
まぁそんなこと、無理は承知で言ってるのだが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

懐古するわけではないですがプレリュード格好良かったですよねー
個人的にあのスタイルに少し今風のテイストを加えればまだまだ最前線で戦える車だと思います。

まぁ「ミニバンならホンダへ!」なんてCM流しまくってるメーカーには期待薄ですが…
俺様の仰るとおりメーカーが大きくなると流行は無視できないんでしょうね。悲しいこってす。

2014-10-31 23:39 | from -

Re: タイトルなし

> 懐古するわけではないですがプレリュード格好良かったですよねー

はい。
当時、友人が所有していたのですが、
ホントにカッコ良かったです。
峠で運転もさせてもらいましたが、
4WSのキレキレなコーナリングが
今も鮮明に印象に残っています。


> 個人的にあのスタイルに少し今風のテイストを加えれば
> まだまだ最前線で戦える車だと思います。

ホントそうですね。
少なくとも今のホンダ車の中では
最もカッコいいクルマになるでしょうね。(^o^)


> まぁ「ミニバンならホンダへ!」なんて
> CM流しまくってるメーカーには期待薄ですが…
> 俺様の仰るとおりメーカーが大きくなると
> 流行は無視できないんでしょうね。悲しいこってす。

まぁ消費者のニーズが昔と今とでは変わっているので、
それに合わせてメーカーも変わっていくのは
ある程度は仕方ないんですけどね。

ただ、ホンダというメーカーには、
消費者に誘導されるのではなく、
消費者を誘導するメーカーであってほしかったです。(-_-)

2014-11-01 08:20 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/120-70bb2d3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。