「買いたい自動車ブランド」の人気上位は? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「買いたい自動車ブランド」の人気上位は?

20141105_a1.jpg


日経新聞が、アジア主要6カ国(中国、インド、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム)で、計1800人を対象に8つの製品・サービスについて「買いたいブランド」を調査した。

その結果、ドイツ車が優勢であることがわかった。


20141105_a2.jpg


上記の表の通り、「買いたいブランド」の1位はBMW、2位はアウディと、ドイツ車のワンツーフィニッシュ。
日本勢はトヨタが3位となっている。

日本車は、「買ったことがあるブランド」では1~3位を独占するなど、存在感の強さを見せる一方で、購買力のある中間層が増える中、あこがれのブランドとしての地位は低下している格好だ。

ブランドイメージについて調べた結果では、日本ブランドは「割安」であるとか、「サービスが良い」といったイメージが強く、高級感やデザインのイメージでは欧米勢に後れを取っている。


20141105_a3.jpg


ブランドに「憧れ」のイメージをいかにして付け加えるかが、日本車ブランドの今後の課題と言えそうだ。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/11/05/236605.html
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX04H0V_U4A101C1MM8000/
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HP6_Z21C14A0FFE000/


バブル期の日本を見習えば?


アジア主要6カ国。経済成長によって高所得を得る人が増える中、必ず出てくる発想が、「車は自分の生活をあらわすステータスシンボル」というもの。

日本もバブルの頃はそういった価値観が強くあり、世のお父さんたちは少しでもヒエラルキー(ハイアラーキ)の上位に位置する車種を欲しがったものだ。

もちろん、いまだにそんな価値観を引きずっているガチンコ昭和世代の方もたくさんおられるが、かつてのバブルの頃と比べれば、そういった価値観もだいぶ変わってきているように思う。

実際、今の日本でよく売れるのは、「小さくて」、「広くて」、「燃費がいい」クルマである。


しかし、アジア主要6カ国は、こんな言い方は失礼かもしれないが、日本の背中を追っかけている国々なのだ。
つまり、その経済成長の過程では、必ず日本が経験したバブル期の発想、先ほど述べた「車は自分の生活をあらわすステータスシンボル」という発想が出てくる。


バブル期の日本は、高級車がよく売れた。
土地の価格が上がりすぎて、家の購入をあきらめたお父さんたちは、700万円前後もする国産高級車をこぞって買いに行った。
あまりの予想外の売れ行きで、「納車まで1年以上待つことになる」などという話まで出てきたりと、とにかくムチャクチャな時代だった。(実際そこまで待ったのか、後日談はよく知らないが・・・)

あの頃の日本のクルマの売り方を見習えば、アジア主要6カ国で「買いたいブランド」上位の座を勝ち取ることができるかもしれない、と考えるのはさすがに安直だろうか?

ただ、今の日本のクルマに対する価値観を新興国に持ち込んでも、「仕方なく買うブランド」になることはできても、「買いたいブランド」にはなり得ないことだけは確かだと思うのだが・・・。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/123-a6ac846c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。