ホンダ、新型レジェンドを発表 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ、新型レジェンドを発表

20141110_a1.jpg


ホンダは、新型レジェンドを2015年1月22日に発売することを発表した。
先代レジェンドは2012年6月に生産終了となっているため、今回の新型レジェンドの発売は、約2年半の空白を経ての「復活」という形となる。


20141110_a2.jpg


新型レジェンドはハイブリッド車。
「スポーツ ハイブリッド SH-AWD」という3モーターのハイブリッドシステムが搭載され、V6の3.5リッターエンジンとの組み合わせにより、システム最高出力は382psを発揮する。

安全装備には世界初となる、歩行者への衝突回避を支援する「歩行者事故低減ステアリング」など、先進の安全装備を搭載。

インテリアには、上質な本革シートや、革の風合いを生かしたソフトパッドを採用。
後席空間は先代より大幅に拡大され、足を組んでもゆとりのある広さが確保されている。

なお、新型レジェンドのベースとなっている「アキュラ RLX」との大きな違いは、後席にオーディオ、サンシェード、エアコンの操作ができるリモコンを装備するなど、いわゆる「おもてなし装備」があることだという。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/11/10/236979.html
http://response.jp/article/2014/11/10/236989.html
http://www.honda.co.jp/news/2014/4141110-legend.html
http://www.honda.co.jp/LEGEND/spec/index.html


デカすぎる!


新型レジェンドは、筆者の愛車候補として待ちに待っていた車種のうちの1つ。
というわけで、今回の発表を受けて、さっそくホンダのホームページを見たところ、そのボディサイズは、

全長4995mm、全幅1890mm、全高1480mm

とのこと。


デ、デカい、、、デカすぎる。。。


全幅は1900mmまでなら何とかなるのだが、筆者の自宅の駐車スペースの奥行きでは、どう頑張っても全長は4950mmが限界だ。

「たった45mm余分に長いくらい、何とかなるのでは?」

と思われるかもしれないが、後ろを壁際ギリギリ(すき間2cm)まで寄せた状態でもハミ出してしまう。

まぁ5cm程度ハミ出したところで大きな問題は生じないのだが、自宅が曲がり角にあるため、前の道路を通行するクルマに当てられる確率が高くなるのが嫌なのだ。


愛車候補から脱落。。。


そんなわけで、筆者の許容サイズをオーバーしている今回の新型レジェンド。

残念ながら、愛車候補から脱落、である。。。


とにかく、新型レジェンド(アキュラ RLX)はデカすぎる。
ここはひとつ、「アキュラ TLX」を、復活!新型インスパイア!という形で、日本で発売してもらいたいものだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/127-84d87eb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。