トヨタ「MIRAI(ミライ)」発表、気になるスペックは? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ「MIRAI(ミライ)」発表、気になるスペックは?

20141118_a1.jpg
トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

トヨタは、新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を、12月15日に発売することを発表した。


FCVは、クルマに充填した水素と、大気中から取り込んだ酸素を化学反応させることにより発生するエネルギー(電気)で走るクルマだ。

トヨタのホームページでは、すでに「MIRAI」を紹介するカタログページが準備されている。





そのホームページの情報によると、気になる「MIRAI」の主なスペックは以下の通り。

全長×全幅×全高:4890mm×1815mm×1535mm
車両重量:1850kg
最高速度:175km/h
最高出力:154ps
最大トルク:34.2kgf・m


【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/11/18/237609.html
http://toyota.jp/sp/fcv/
http://toyota.jp/sp/fcv/catalog/


意外とまともなスペック


新しい技術を使ったクルマだし、何より「市販車」ということで、コスト的に「手加減」せざるを得ない部分も多々あるだろうから、どんなスペックで登場するのかが気になっていた。


しかし、意外と「まとも」で驚いた。


寸法は多少ムダにデカい気もするが、デカすぎるというほどでもない。
むしろダイハツの「デカデカ」、じゃなかった、「ウェイク」のほうがムダにデカいと思うぐらいだ。

車両重量の1850kgは、やはり重い印象だが、新技術を詰め込んだ初代モデルとしては常識の範疇と言っていいだろう。

そして、重い割には、最高速度175km/hというのもなかなかのもの。
「決して速いクルマではないけど、『エコだけど走らない!』、なんてことはないよ」
と言わんばかりだ。


注目の馬力とトルクに関しては、馬力は154psとおとなしめではあるが、トルクが34.2kgf・mとのことで、なかなか強力だ。
なので、日常でよく使う速度域では、意外と充分に力強い加速をみせてくれるんじゃないかとさえ思う。
ただ、車重が重いだけに、余裕たっぷりというわけではないかもしれないが。


まぁそんなわけで、とりあえずスペックに関しては、初物としてはなかなか頑張った内容のようにも見える。

とはいえ、クルマというのは、スペックには表れない性能というか、実際に乗ってみてどう感じるかという部分の性能が一番重要だと思うので、とにかく試乗車が準備されたら乗ってみようと思う。

しかし、現状では採算割れという「MIRAI」だけに、そんなにあちこちに試乗車が準備されるとは思えないし、試乗車があったとしても、そう気軽には試乗させてもらえないのではないかと、少々心配ではあるのだが。。。

トヨタMIRAIのすべて (ニューモデル速報)[本/雑誌] / 三栄書房

価格:580円
(2014/11/25 21:48時点)


【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/135-020dc639

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。