水素ステーション情報管理サービスが運用開始 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水素ステーション情報管理サービスが運用開始

20141215_a1.jpg


富士通は、水素ステーションのある場所およびその稼働情報などを、リアルタイムに知ることができる水素ステーション情報管理サービスの運用を、12月15日から開始した。


このシステムは、水素供給事業者の協力のもと、収集された水素ステーションの位置や稼働状況などの情報を、カーナビやスマートフォンなどの端末を通じて提供するというもの。

トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の発売に合わせて運用が開始された。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/12/15/239680.html


重要な情報サービスではあるが・・・


まだまだインフラ整備がほぼ全くと言っていいほど整備されていない状況だけに、このような情報提供サービスのシステムは、燃料電池車(FCV)の利用者にとって非常に重要であり、不可欠と言ってもいいサービスだと思う。

その一方、このようなサービスのシステムが開発・運用されるということは、分かっている事とはいえ、
「当分の間は水素ステーションのインフラは充分と言える状態にはなりませんよ」
と、間接的に言われているような気もしなくはない。

このようなシステムに頼らなくてもいいぐらいに水素ステーションのインフラ整備が進まないと、FCVは本格的には普及しないだろう。
いや、そもそも本当にFCVが次世代のクルマとして順調に普及していく方向に向かうのかどうかすら、筆者としては半信半疑な思いもあったりする。


とはいえ、FCVはまだ最初の一歩を踏み出したばかり。

「MIRAI」を購入したいと思っても、納車まで2年待ちなどという情報もあるだけに、今のところは実質的には買えないクルマにほぼ等しい。

(参考)お待たせ「ミライ」販売開始、受注1000台…納車に2年待ち

インフラ不足を心配するのは、2年以上先になってからでも遅くはなさそうだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/149-461966e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。