タブレット対応のYahoo!カーナビ、提供開始 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレット対応のYahoo!カーナビ、提供開始

20141218_b1.jpg


12月18日、Yahoo! JAPANは、タブレット対応した無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」の提供を、iOS版・Android版で開始した。


これにより、高速道路は地図+ハイウェイモード、一般道路は地図+交差点右左折案内といった、ワイド2画面対応となっている。


また、スマートフォン、タブレットの共通機能として、「高速渋滞マップ」も追加されている。

その高速渋滞マップでは、「渋滞」、「混雑」、「チェーン規制」、「通行止め」が色分けして表示され、一目でわかるようになっている。

規制地点のアイコンをタップすると、規制の原因と規制内容を表示するだけでなく、さらにはその規制が一時的なものなのか、あるいは長期に渡りそうなのかまでがわかるようになっている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/12/18/239907.html
http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/12/18a/


もはや「無料」の域を超えた本格ナビ!


iOS版はiPhone6 Plus、iPad mini、iPad Airに対応。
Android版が5.5インチ以上のファブレットやタブレットに対応。

元から無料アプリとしては充分スゴすぎたYahoo!カーナビ(以降、ヤフーカーナビ)だが、今回のアプリ強化により大画面対応となったことで、ますますナビとしての機能が充実した。

ここまで来ると、市販のナビを十万円以上も出して買うのがバカらしくなってくる。

それどころか、設置のわずらわしさもないので、よほどガチにカーナビ必須のカーライフを送っている人でない限り、「ヤフーカーナビで充分!」という人もかなり増えるんじゃないかとさえ思う。


今後のヤフーカーナビに期待すること


「無料」でここまでやられたら、もうカーナビという商品自体が商売として成り立たなくなる日が来てもおかしくはないだろう。

しかしそれは、ナビが不要というわけではない。
「無料」のヤフーカーナビがあれば充分、ということだ。


しかし不便もある。

所詮はスマホにインストールされたアプリなので、専用の操作ボタンがあるわけでもなく、ステアリングスイッチで操作ができるわけでもない。
その点を考えると、不自由ではあるものの、クルマの中で使う分には備え付けのメーカーオプションナビやディーラーオプションナビのほうが良い部分だってあるわけだ。

そこで提案なのだが、自動車メーカーにも協力してもらって、
「クルマにヤフーカーナビをインストールできる」
というようにしたらどうだろう?

そして、クルマに装備されているディスプレイでヤフーカーナビを利用でき、ステアリングスイッチでも操作可能なようにすれば、より快適にヤフーカーナビを利用することができる。
ただしその場合、GPSのアンテナだけはクルマ側が装備している必要があるが。


「無料」のヤフーカーナビの機能が充実していくことは、我々庶民にとってはうれしい話ではあるのだが、もしそれが運転中の操作による脇見運転につながるとすれば、それは恐い話だ。

より安全にヤフーカーナビが利用できるよう、今後は自動車メーカーと協力して、操作性向上のためのインタフェースの実現に向けて取り組んでもらいたいと思うのだが、さすがに「無料」でそこまでは無理か。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/151-21222f32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。