次期プリウスが大幅に発売延期? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期プリウスが大幅に発売延期?

20141220_a1.jpg


トヨタのハイブリッド車「プリウス」。
その次期モデルの発売が、当初の計画よりも延期される可能性があると、海外メディア「オートモーティブニュース」が伝えている。


同メディアの情報によると、独自ソースから得た情報として、
「次期プリウスの発売が、半年延期される見込み」
としており、本来は2015年の春から生産を開始する計画だった次期プリウスの発売が2015年の末になるという。

その延期の原因は、トヨタの上層部が次期プリウスのデザインについて課題ありと判断し、その修正をおこなうため、とのこと。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/12/20/240061.html


信じ難い情報


そもそも、「本来は次期プリウスは2015年の春に生産を開始する計画だった」という情報さえ筆者は知らなかったのだが、もっと驚いたのは発売を半年延期する「理由」だ。

「デザインの変更をするため」に発売を半年も遅らせてまで手直しするだろうか?

デザインの評判が悪くて売れてない車種なら、
「今度は失敗は許されない!絶対に売れるクルマにしなければ!」
ということで、次期モデルのデザインに力を入れるのもわかるが、今回のニュースの主役は、黙ってても売れるクルマ「プリウス」様だ。

そもそもデザインのカッコ良さで売っている車種ではないし、正直、デザインなんかテキトーでも「プリウス」は売れるはずで、わざわざデザインの手直しのために発売時期を半年も遅らせるというのは、にわかに信じ難い。

デザインの修正のために半年遅らせるというのが本当の情報だとするならば、それは恐らく、より良いデザインへのこだわりのために遅らせるのではなく、プリウスは今のままでも売れているので、「このままもっと現行モデルで引っ張ろう。そのついでに、デザインももうちょっと考えてみよう」という考え方ではないだろうか。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

個人的には好みではないですがプリウスのデザインは未来的で秀逸だと思います。
黙ってても売れる車と言いますが適当な事したらすぐ売れなくなれますよ。
トヨタが努力した結果、黙ってても売れると言われる車になったわけですし努力を怠ればすぐ真っ逆さまですよ。

2014-12-21 11:40 | from -

Re: タイトルなし

管理人です。

> 個人的には好みではないですが
> プリウスのデザインは未来的で秀逸だと思います。

 デザインについては
完全に「個人の好みの問題」ですからね。
人によって評価が様々なのは当然だし、
そこに唯一無二の正解は無いですよね。(^_^)


> 黙ってても売れる車と言いますが
> 適当な事したらすぐ売れなくなれますよ。

 でもプリウスに関しては、
「デザイン」はテキトーでも
売れると思うんですよね。
それを理由に買ってる人って
あんまりいないと思うので。
燃費悪かったら売れなくなるとは思いますが。(^o^;


> トヨタが努力した結果、黙ってても売れると
> 言われる車になったわけですし努力を怠れば
> すぐ真っ逆さまですよ。

 それはそうでしょうね。
ただプリウスというクルマに関しては、
その努力をするポイントが「デザイン」ではない
と思うわけです。

 なので、「デザインの変更」を理由に発売延期
というのは、なんだか変な気がした次第です。
「そこじゃなくない?」みたいな。(^o^;

2014-12-21 12:41 | from 管理人 | Edit

デザイン目的で買ってなくてもデザインどうでもいいという人は少ないでしょ。
今のデザインも筆者からすれば適当に見えるかもしれませんが
トヨタは近未来的とお客さんに思って貰えるように練りに練ったデザインと語ってましたよ。
燃費だけで売れるなら各社もそれほど苦労はないのではないでしょうか?
ただ、トヨタはプリウスを格好いいデザインにしようとしているのではなく、売れるデザインにしようと日夜努力している感じはありますけどね。

2014-12-21 14:23 | from -

プリウスが売れたのは先進的なハイブリッドシステムがあり、TOYOTAの販売網があったからでしょう。

デザインは燃費優先させて空力のみを見据えたた典型的な流線型に小手先のデザインを加えただけにしか思えません。
今回の延期は私もデザイン云々ではなくライバル不在で放っておいても売れるから急ぐことは無い。ということだと思います。

噛みついておられる方がいらっしゃいますが現行型が想像以上に売れ続けているのならマイナーチェンジを先送りにする、したいと思うのは経営判断としては至極全うだと思います。
もしくはアクアのクロスオーバーと時期をズラす狙いもあるかもしれませんね。

2014-12-21 15:46 | from -

トヨタのデザイン部門を舐めすぎですよ。
あなたには適当に見えるかもしれませんがプリウスのデザインは200万円台のハイブリッド車をヒットさせる為に徹底的にマーケティングして練りに練られた物です。
素人集団ではありません。
噛みつくというのは反論する事ではなくあなたみたいにそういうよけいな事を言うのを噛みつくと言うのです。

2014-12-22 02:04 | from -

まぁまぁそう熱くならずに。
プリウス良い車ですね。

2014-12-22 06:45 | from -

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/153-b0faa810

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。