レジェンド、発売延期 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド、発売延期

20141226_a1.jpg


先日(11月10日)ホンダが「2015年1月22日に発売する」と発表した新型「レジェンド」だが、その発売日が2015年2月20日に延期された。
(参考:「ホンダ、新型レジェンドを発表」


延期の理由は、衝突や車線逸脱を防ぐための、レーダーやカメラを使った安全運転支援システムの品質確認を徹底するためとのこと。
ホンダのプレスリリース記事内で、こっそりと発売日が訂正されている。


実は「レジェンド」の発売延期は、今回が初めてではない。

当初は2014年12月15日に発売予定だったのを、11月10日の発表会直前になって2015年1月22日に延期すると決めた経緯があり、今回の延期は2度目の発売延期だ。

前回の延期理由は、
「新技術搭載に伴い、さらなる総合品質検証、熟成の観点から」
と説明されていた。

そして今回の延期理由は、
「総合的な品質の検証、熟成に時間をかけている」
とのこと。

表現は異なるが、結局、根本的には同じ理由で発売が2度延期されたことになる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/12/26/240477.html
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25H5A_V21C14A2TI0000/
http://toyokeizai.net/articles/-/56709
http://www.honda.co.jp/news/2014/4141110-legend.html


これからがますます心配


要するに、最近流行の過剰とも思える余計なお世話系「安全装備」の検証作業が、想定以上に大変なのだろうと推測されるが、普通に安全運転していればほぼお世話になることのない「黒子」のような存在の安全装備のために、発売がズルズルと延びるというのは何とも本末転倒な話だ。

安全運転支援システムなんてのは、あくまでも補助的なものであって、それ自体は本来のクルマの魅力とは別の話であるはずだ。
そんなモノのために、発売を2度も延期してまで多くの時間が費やされていることに、不満を感じずにいられない。

どうせそんなに時間をかけるのなら、どうでもいい過剰な安全装備など装備から外してしまって、クルマが持つ本来の魅力を高めることに時間を使ってもらいたいと思ってしまう。


そう言えば、今年発売されたスバルの「レヴォーグ」も、アイサイトVer.3の量産体制が整わず発売日が延期されたことが記憶に新しい。

筆者には過剰と思える安全装備も、多くの人にとっては魅力的な装備かもしれないので、売れるモノをつくりたい自動車メーカーの方針として安全装備を充実させるのは結構だ。

しかし、発売をズルズルと延期しないといけないような安全装備なら願い下げである。
このような事態が、今後あちこちのメーカー・車種で頻発しないことを祈るばかりだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/157-0885d904

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。