アコード、欧州でライバルに敗北!?販売終了へ - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコード、欧州でライバルに敗北!?販売終了へ

20150128_a1.jpg


欧州市場において、ホンダの「アコード」が販売終了となることが分かった。
これは「オートモーティブニュース」によって報じられたもの。
インタビューを受けたホンダUKの四輪車部門の責任者、レオン・ブランナン氏によると、
「アコードの欧州での販売を終了するつもりだ。再びこのセグメント(ミッドサイズセダン)に参入することはないだろう。」
とのこと。


「アコード」は世界中で販売される、ホンダの主力車種の1つ。
にもかかわらず、欧州での販売を打ち切る理由は「販売不振」。

販売不振に陥った原因としては、フォルクスワーゲン「パサート」、フォード「モンデオ」などのライバル車に、顧客を奪われたのが大きいという。

レオン・ブランナン氏は、
「競合車に対抗していくには、コスト的に厳しい」
と明かしている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/01/28/242737.html


ホンダ伝統の主力セダンが敗北!


「アコード」と言えば、ホンダにおける最も有名なセダンと言っていいだろう。
欧州市場には1977年から投入されており、国内のみならず海外でも長い歴史を誇るビッグネームだ。

それが今や販売不振。
その原因が、単なる日本市場のような「セダン離れ」ではなく、ライバル車種に顧客を奪われたことによるもの、というところが、何とも残念な話だ。

ストレートに言えば、いわゆる「敗北」、だろう。

ライバルに対抗していくためにはコスト的に厳しいとのことだが、それは言い方を換えると、商品力として「費用対効果」の面で優位性を保てなくなって、顧客に選んでもらえなくなった、ということだろうか?


「没個性」のツケが出始めてきたのか?


個人的には、ホンダに関しては最近あまりいいニュースが無いように感じるだけでなく、車種ラインナップも昔に比べると似たり寄ったりなフォルムのものが多いように感じていた。

率直に言って、「従来的なクルマ本来の魅力」を向上させる取り組みよりも、「ユーティリティ面」や「燃費性能」の向上のほうに、近年のホンダ車は力の入れ方が偏っていたように感じるのだ。

その「つけ」が、ライバルに敗北という形で、徐々に海外市場で影響を見せ始めているのではないだろうか?

本来は個性的なメーカーだったと思うだけに、再びライバルから顧客を奪い返せるようなクルマづくりが出来るメーカーへと、ぜひとも復活してもらいたいものだが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/171-2a77090f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。