法改正でナンバープレートカバー禁止へ - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法改正でナンバープレートカバー禁止へ

20150209_a1.jpg


国交省において、自動車のナンバープレートについて表示の視認性確保が検討課題となっていたが、このたび、ナンバープレートへのカバーの装着を禁止するとの検討結果がまとめられた。
これを受け、国交省は道路運送車両法の改正を行う。


20150209_a2.jpg


ナンバープレート表示の実態調査も踏まえ、有識者や関係団体のメンバーで構成する検討会を設置し検討したきたが、ナンバープレートにカバーを装着した場合(無色透明も含む)、視認性が低下すること、ナンバーの一部を被覆するフレームやボルトカバーを取付た場合も、視認性が著しく低下することを確認した。

その上で、ナンバープレートへのカバーの装着は禁止するべきとした。

また、許容される取付方法として、取付位置や角度に関する基準についても設定すべきとしている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/02/09/243817.html


当然の法改正


街中を走っていると、ナンバープレートにカバーをつけたクルマを時々見かけるのだが、正直、なぜあんなカバーをつけるのか、意味がわからない。

そこに何か意味があるとすれば、それはもう、「悪意」しかないだろう。
(付けている人間にしてみれば何らかのもっともらしい理由があるのかもしれないが、それは後付けの『デタラメ』な理由に違いない)

何かあったとき、何らかの違反を犯したとき、ナンバーを読み取られないようにしようという意図しか感じない。

偏見だと言われるかもしれないが、そういったカバーを取り付けているクルマのドライバーの顔を見てみると、大体ろくでもない感じの連中が多い気がするのは、単なる筆者の先入観によるものだろうか?

とにかく、あんなカバーをつける合理的な理由は無い。
禁止の方向へ向かうのは当然だろう。
と言うより、こんなこと、もっと早い段階で禁止されているべき事項だと思うのだが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/172-9ae8c6a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。