「ヴィッツ」ベースのレクサスが登場!? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴィッツ」ベースのレクサスが登場!?

20150216_d1.jpg


3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー15で、レクサスが初公開する謎のコンセプトカー。
これが、ヴィッツのレクサス版である可能性が報じられている。


これを報じたのは、オーストラリアの自動車メディア「motoring」。

同メディアによると、独自ソースから得た情報として、
「レクサスの新コンセプトカーは、CT200hの下に位置する入門コンパクトカーを示唆した1台」
とのことで、アウディのA1を意識したモデルになるという。

また、そのプラットフォームについては、
「トヨタのヴィッツがベースになるだろう」
としている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/02/16/244446.html


本当に出てしまいそうなレクサス版ヴィッツ


レクサス版ヴィッツの開発が進められているという話は、実は以前からあった。

(参考)
http://www.carsensorlab.net/carnews/14_18759/
20150216_d2.jpg


しばらく聞かなかったので忘れ去っていたが、ここにきて再びこういったニュースが出てくるあたり、どうやら本当に「レクサス版ヴィッツ」が出てしまいそうな雰囲気だ。

どんな装いで登場するのか気になるところだが、当然ながら「レクサス」と称するにふさわしい質感を与えられての登場となるのだろう。

しかしそれにしても、大衆車としてもエントリークラスというイメージの強いヴィッツと、高級ブランドとしてイメージが定着しつつあるレクサス、両者をイコールで結ぶことに強い違和感を感じてしまうのは、筆者だけだろうか?


プラットフォームはヴィッツと共通?


「共通で何が悪い!」、という話は置いといて、やはりプレミアムブランドである「レクサス」としては、トヨタ車、しかもヴィッツとなるとトヨタにおけるヒエラルキー上でもエントリークラスとなるわけで、そんなクルマと共通のプラットフォームを使うわけにはいかないのではないか?

レクサスが日本での展開を開始した当初、レクサスGSのプラットフォームはトヨタ車と共通だったが、それは、
「バッジを変えて、見た目だけ上等っぽくしただけのボッタクリ高級車」
などと言われる原因の1つになってしまったことも否めないだろう。

プラットフォームが共通であることに問題があるとか無いとかは関係なく、やはり買う側の気持ちとしては、プレミアムブランドならばそれ専用のプラットフォームを使ってほしいというのが正直な気持ちだろう。
そこを理解したのか、今はGSもレクサス専用プラットフォームとなっている。

今回登場すると見られているレクサス版ヴィッツは、はたしてどうなのだろうか?
ヴィッツのプラットフォームそのままなのか、あるいはそれをベースにしつつも、プレミアムブランドのプラットフォームとしてふさわしいレベルに改良されたものなのか、今後の情報で注目したい部分と言える。

もし全くの共通だとしたら、またいろいろ言われるであろうことは想像にたやすいが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

いつも興味深い記事ありがとうございます。
VWとアウディ、ポルシェはそういうことあまり言われないのにトヨタには厳しい気がするのは気のせいなのでしょうか?

2015-02-22 07:08 | from あいこパパ

Re: タイトルなし

管理人です。

> VWとアウディ、ポルシェはそういうこと
> あまり言われないのに
> トヨタには厳しい気がするのは気のせいなのでしょうか?

 まぁそうですね。
トヨタは常に目立つ存在だし、
トヨタ車に関する情報はネット上で
活発に飛び交いますからね。

 それに「兆」の利益をあげるような
(「売上」ちゃいますよ、「利益」ですよ!)
この業界における巨大企業です。

 そんな莫大な利益をあげるためには、
それなりにコストダウンに力を入れないと
無理だろうってことで、
何かと「コストダウン」をイメージさせるような
トピックに対して、クルマ好きな人々が
シビアに反応する傾向はあるように思いますね。

 特にトヨタの場合は、
「クルマ好き」の人が手を抜いてほしくない部分
(パッと見た目ではわからない部分)で
うま~くコストダウンするので、
そこがアンチの攻撃ポイントになるんですよね。

 まぁ何を言われても、企業としては
売れたら勝ち、儲かったら勝ち、
なわけですから、外野が何を叫んでようが
どうでもいいんじゃないですかね?

 全く話題にならないよりは、
ネガティブな話でも話題になったほうがいい
という、芸能人的な考え方もありますしね。(^^)

2015-02-22 19:53 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/178-13197ede

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。