「レガシィ」、カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レガシィ」、カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

20150219_a1.jpg


カナダ自動車ジャーナリスト協会は、スバルの新型「レガシィ」(日本名:レガシイB4)に
「2015カナダカーオブザイヤー」を授与することを発表した。


同賞の選考にあたっては、2014年10月、カナダ在住の自動車ジャーナリストが集まって、5日間に及ぶ試乗会を実施。

そして今回、73名のジャーナリストによる投票の結果、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」やメルセデスの「Cクラス」などの強豪を抑え、「レガシィ」が見事栄冠に輝いた。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/02/19/244655.html


価値ある栄冠


現行の「ゴルフ」や「Cクラス」の、市場での評価の高さについては今さら語るまでもないところであるが、今回、そういったハイレベルな相手が含まれる中での選考で、「レガシィ」が頂点に輝いたことは、非常に価値のあることだと思う。

実際、筆者もレガシィB4に試乗したのだが、その出来は確かに素晴らしい。

さらに洗練され、磨きがかかったフィーリングの良い2.5リッターNAエンジン。
そこに組み合わされるCVTは、CVTであるにもかかわらずシーケンシャルATを思わせるフィーリングが実現されており、これまた良い出来だ。

乗り心地も、しっかり感とまろやかさがバランス良く調和しており、個性的かつ上質な乗り味となっている。

(日本での)価格的には「ゴルフ」とほぼ対等。
「Cクラス」と比べればかなり安い「レガシィ」だが、ぜんぜん、互角に比較できるレベルのクルマだと思う。

今回の受賞のニュースが、クルマを単に「ステータス」で選ぼうとしている人たちにとって、「内容と価格のバランス」で選ぶきっかけになれば、これ幸いだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/180-1b8a1314

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。