F1ホンダ、トラブル連発! - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ホンダ、トラブル連発!

20150222_a1.jpg


現在おこなわれているF1のバルセロナ合同テストで、連日トラブル続きのマクラーレン・ホンダだが、今度はクラッシュでフェルナンド・アロンソが救急搬送されるという事態が発生した。


テストは4日目を迎えているが、初日にはパワーユニット内部の運動エネルギー回生システムのトラブルによりコース上でストップ。

2日目はトラブルを完全に解決できていない状態ながらも、59周を走り、トップから1.4秒遅れの1分25秒961を記録し7番手となるなど、トラブル解決後のさらなるペースアップに期待が寄せられていた。

3日目、24周までは順調だったが、再び初日と同じエネルギー回生システムのトラブルに見舞われて、またしてもコース上でストップ。
不完全燃焼の状態が続いていた。

そして4日目、午前の走行セッションで、コース前半の大きく右に回り込むコーナーを過ぎたところでコントロールを失い、内側のコンクリートバリアにヒット。
マシンは大破はしていないものの、この日のドライバーを担当したフェルナンド・アロンソは、メディカルチームに救助され、救急車でサーキット内のメディカルセンターへ搬送。
その後、ドクターヘリで病院へ向かったという。

アロンソは意識もあり無事とのことだが、念のため病院でさらなる検査を行うものと思われる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/02/21/244837.html
http://response.jp/article/2015/02/22/244859.html
http://response.jp/article/2015/02/22/244880.html


頑張ってほしいホンダマシン


以前、ホンダがF1から撤退した際、非常に残念に思っていた。
なぜなら、ホンダと言えばやはりエンジンが素晴らしいと筆者は思っていたし、エンジンの良さをアピールする場としても、技術を向上させる場としても、F1というステージは良いステージだと思っていたからだ。

しかし、ホンダは再びF1へ復帰してきた。

近年、ラインナップに「BOX」タイプの車が増えて、スポーツのイメージが薄れていたホンダを残念に思っていただけに、F1への復帰は筆者にとってうれしいニュースだった。

現在開催されているテストでは、冒頭に示した通り何かとトラブル続きだが、レース本番までに問題を解決し、良い結果を期待したいと思う。

しばらくF1への興味を失っていたが、今年は大いに注目したい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/181-f4630db8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。