トヨタとBMWの共同開発スポーツクーペ - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタとBMWの共同開発スポーツクーペ

20150224_a1.jpg


現在、トヨタとBMWが共同開発していると言われる新型スポーツクーペ。
そのプロトタイプが目撃された。


そのプロトタイプは、BMWの「M235i」をベースとしているが、両者の写真を並べて比較すると、ドアとリアフェンダーの間が切り詰められてホイールベースが短縮されていることがわかる。


20150224_a2.jpg
(上)トヨタ&BMWが開発中の新型スポーツクーペ (下)BMW 2シリーズ


この共同開発スポーツクーペは、「スープラ」の後継車であると共に、BMW「Z5」となり、お互い兄弟車になるとの噂がある。

なお、次期スープラは、2リッター4気筒と、3リッター6気筒ターボエンジンを搭載するとの噂があり、日本での価格は500万円程度と予想されている。

兄弟車となるBMW Z5は、それよりも約100万円ほど高く設定されそうとのこと。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/02/24/245012.html


このエクステリア、デタラメであってほしい・・・


今回目撃されたのはプロトタイプであり、もちろん最終的なデザインではないと思うのだが、それにしても「BMW過ぎる」だろう。

「共同開発」というならば、BMWの象徴とも言える「キドニーグリル」は採用すべきでない。
このグリルをエクステリアにまとっている限り、これは「BMW以外の何者でもない」としか言いようがないし、世間一般、多くの人はそう見るだろう。

いやもちろん、まさかこんな顔で発売して、
「スープラ後継車です」
などと本気で言い放つなんて、まともな精神の営業マンなら言えるはずもないだろうから、このままのデザインで発売するはずはないと、筆者は信じている。

信じているけど、商売上手なトヨタだけに、少々不安もある。

「『BMW Z5』とほぼ同じ兄弟車が、ウチなら約100万円ほど安く買えますよ!」

みたいな売り方だけは、間違ってもやってほしくない。
そこは「世界のトヨタ」として、意地とプライドを見せてほしいところだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/183-34bfcdd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。