「シビック タイプR」、市販モデル初公開 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シビック タイプR」、市販モデル初公開

20150303_a1.jpg


ジュネーブモーターショー15のプレビューイベントで、ホンダは新型「シビック タイプR」の市販モデルを初公開した。



20150303_a2.jpg


新型シビック タイプRは、新開発の2リットルVTECターボエンジンを搭載。
最大出力310ps/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500rpmを発生する。
これは歴代タイプRにおいて最強スペックとのこと。
トランスミッションには6速MTが組み合わされる。


20150303_a3.jpg


なお、0‐100km/hの加速タイムは、5.7秒と発表されている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/03/03/245581.html
http://www.honda.co.jp/news/2015/4150303.html


「スポーツのホンダ」復活に期待!


新型NSX、F1への復帰、そして今回、日本国内では消滅していた「シビック タイプR」の新型初公開。

日本における現時点のホンダのラインナップでは、かろうじてスポーツモデルと呼べるのは「CR-Z」ぐらいなだけに、徐々に本来の「ホンダらしさ」を取り戻そうとしつつある最近のこの動きを歓迎したい。


ホンダのニュースリリースでは、今回公開されたモデルについて「欧州向け」という言葉が使われており、夏には欧州各国で販売が開始される予定のようだ。

日本でも今年の年末あたりでの発売が計画されていたと思うのだが、今回公開されたモデルがそのまま日本仕様として発売されるのかどうかが気になるところ。

まぁいずれにせよ、パワートレインなど主要な部分での大きな違いは無いだろうし、元気のいいホンダマシンの登場を期待して待ちたいと思う。

筆者は通常、こういった「とんがったスポーツモデル」を愛車候補にすることはないのだが、新型シビック タイプRが発売された暁には、スポーツのホンダのご帰還祝いとして、候補に入れて購入検討したいと思っていたりする。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/186-eecec0d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。