これぞベンツ!Cクラスに特別仕様車 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞベンツ!Cクラスに特別仕様車

20150306_a1.jpg


メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスの特別仕様車
「C200 エクスクルーシブ ライン リミテッド」を、3月下旬に発売することを発表した。


「C200 エクスクルーシブ ライン リミテッド」には、現行モデルでは設定されていないボンネットのスリーポインテッドスターマスコットを採用。

また、以前に存在した、旧「エレガンス」系のモデルに採用されていたフロントグリルを採用しており、いかにもメルセデス・ベンツらしいフロントデザインとなっている。

装備は「C 200 アバンギャルド」と同等の内容となっており、インテリアには専用のウッドトリムと専用デザインのシートが採用されている。


20150306_a2.jpg


20150306_a3.jpg

20150306_a4.jpg


なお、価格は560万円(税込)からで、3月6日より台数限定(590台)で注文受付を開始する。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/03/06/245922.html
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2015/20150306_1.pdf


待望の特別仕様車!


最近のメルセデスはエクステリアを「スポーティー」なイメージにシフトさせてきているので、現在の現行型ラインナップでは、この「ベンツらしい」フロントグリルは急速にその姿を消しつつある。
(少なくとも現行Cクラスでは設定がない)


20150306_a5.jpg


とはいえ、このフロントグリルが好きで、このグリルこそ「これぞベンツ!」と思う人も多数おられることだろう。
筆者も実はその1人で、やはりベンツにはこのグリルがよく似合うと思う。

まさしく、待望の特別仕様車と言っていい。


たぶん速攻で売り切れる


Cクラスは、メルセデスにしては購入しやすい価格帯のモデルだ。
それでいてちゃんとメルセデスらしさを味わえる内容となっており、世間での評価も高い。

筆者も次期愛車候補としてCクラスを候補に挙げていたのだが、希望のグレード「C 200 アバンギャルド」の試乗車が近所のディーラーに無くて困っている。
(AMGライン付きの「C 200 アバンギャルド」の試乗車はたくさんあるのだが)

「C 200 アバンギャルド」の試乗車が準備出来るのを待っていたら、今回の特別仕様車のニュースが飛び込んできたわけだ。


特別仕様車の装備レベルは「C 200 アバンギャルド」と同等とのことなので、どうせならこの特別仕様車を候補にしたいと思う。

が、今回の特別仕様車は590台限定。

ただでさえ人気のCクラス、恐らくは速攻で売り切れるだろう。
せめて数千台レベルで用意してもらえたらと思うのだが。。。


3年落ちの中古で探す


これまでに何度か外車ディーラーで新車の見積りを出してもらって商談をしたことがあるが、そのたびに思ったのは、とにかく「買いづらい」ということ。

とにかくちょっとタイミングを逃すと、「次の船積みまで待たないといけない」などで、えらい長い期間待たされたりする。

また、ちょっと自分好みのメーカーオプションを選択しようものなら、「半年待ち」などと、まるで普通の事のように言われたり。。。
なので、出回ってるタマから選ぶ、という買い方でなければ話にならないほど、納期がかかることが多いのだ。


やはり外車は3年落ちあたりで中古で買うのが正解かもしれない。
そうすれば割高感も緩和されるし、気に入った仕様のものをネットの中古車検索で見つけて買えば、納車まで長々と待たされることもない。

今回の特別仕様車「C200 エクスクルーシブ ライン リミテッド」。
3年後に中古で出回っていないか探してみようと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/189-61182437

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。