CX-3、目標の3倍超え受注でスタート - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CX-3、目標の3倍超え受注でスタート

20150326_a1.jpg
 マツダ CX-3のすべて

マツダは、2月27日に発売した「CX-3」の累計受注台数が、3月23日の時点で10,076台となったことを発表した。
これは、月販目標である3,000台の、3倍超となる台数だ。


なお、グレード別の受注構成比は、

XDツーリング Lパッケージ・・・21%
XDツーリング・・・63%
XD・・・16%

となっており、ボディカラー別では、

ソウルレッドプレミアムメタリック・・・19%
セラミックメタリック・・・44%

となっている。


注目の装備である「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と「i-ELOOP」がセットになったセットオプション、「イノベーションパッケージ」は、13%の人が選択しているという。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/03/26/247498.html
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201503/150326a.html


意外な数字


何が「意外」なのか、それは受注台数ではない。
目標の3倍超えということだが、大体クルマの受注台数なんてのは、発売後の1ヵ月ではほとんどのクルマが目標を大きく超える台数となるのが通例だ。

なので、受注台数に関しては意外性はない。

それよりも、意外だったのは「ボディカラー」だ。

なんと新色のセラミックメタリックだけで44%という受注比率。
この割合はかなり極端と言っていいだろう。

ソウルレッドも良い色だが、やはり今のところ「CX-3」だけに設定されている新色ということで、個性的な「セラミックメタリック」が大きな支持を集めたのだろう。
なにしろ、CX-3の最大の魅力はその「デザイン」にあると思っている人は、筆者のみならず多くいらっしゃるだろうから。


受注台数はここから先が勝負


先に述べた通り、最初の1ヵ月の受注など、目標台数を超えるのは当り前。

実際、筆者は不人気車種をこれまでたくさんチェックしてきたが、それらの不人気車種も最初は目標より売れていた。

本当に売れるかどうかは、ここから先が勝負となる。


筆者は「売れるクルマ=良いクルマ」だとは思っていない。
試乗してみてガッカリするような出来栄えのクルマでも、バカ売れし続けているクルマもある。

ただ1つ言えるのは、売れるクルマというのは、世の中のニーズに合ったクルマであることは間違いない。

逆の言い方をすれば、どんなにショボいクルマでも、ニーズに合ってさえすれば売れるのだ。

はたして、CX-3は世間のニーズにどこまでマッチしているのか。
もしマッチしているなら、たとえ内容に対して割高であっても売れ続けるはずだ。


受注台数など、正直どうでもいい


こう言ってしまうと元も子もないが、正直、筆者は受注台数など、どうでもいいと思っている。

筆者は「売れているクルマ」、「人気のあるクルマ」が欲しいのではない。
自分が乗ってみて「良い」と感じられるクルマが欲しいのだ。

ところが、世間にはクルマ選びの際、「売れているかどうか」を異常なまでに気にする人もいる。
「人気のある物」に乗っかることで、何かしらの「安心」を得ているのかもしれない。
自分で物事を決められないタイプの人なのかもしれない。

いずれにせよ、「売れているから買う」というのは、自分で「モノ」を見極めることのできない人のすることだろう。

CX-3の購入を検討している人、そうでない人にかかわらず、受注台数なんかは気にせず、「自身の求めるものが、そのクルマにあるのかどうか」、そこをよく見極めてクルマ選びをして頂きたいものだ。

マツダCX-3のすべて


【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

No title

>ところが、世間にはクルマ選びの際、「売れているかどうか」を異常なまでに気にする人もいる。

これはちょくちょく言われる事ですが昔と違って
車も家電のように選ばれてるからでしょうか

車に興味が無いので予算と用途に応じたクラスで
「一番売れてる」商品なら間違いないだろ、と

>いずれにせよ、「売れているから買う」というのは、自分で「モノ」を見極めることのできない人のすることだろう。

自分に置き換えてみれば宝飾品を買うはめになったが
知識もなくどれが似合うかも分からないから店の人に
「こちらが人気となっております、お似合いですよ」
と言われそのまま購入、みたいな

それが欲しい人にとってはあり得ない選択の仕方ですが
興味が無い人にとっては商品の情報を集めてわざわざ
「物の見極め」をするなんて面倒でしかないですからね

2015-03-28 09:32 | from とし | Edit

Re: No title

管理人です。

> > ところが、世間にはクルマ選びの際、
> > 「売れているかどうか」を異常なまでに気にする人もいる。
>
> これはちょくちょく言われる事ですが昔と違って
> 車も家電のように選ばれてるからでしょうか

 うーーーん、どうでしょうね。

 家電にしたって、売れてるかどうかを
判断基準にして購入するという考えが、
そもそも自分には無いですから、
家電選びでそういった買い方をする人が
いるとは思ってませんでした。(^_^;


> 興味が無い人にとっては商品の情報を集めてわざわざ
> 「物の見極め」をするなんて面倒でしかないですからね

 なるほどね。
まぁ売れていればリセールも良いだろうし、
ベストかどうかはともかくとして
無難な選択ということで
納得して買われているのかもしれませんね。

2015-03-28 10:32 | from 管理人 | Edit

No title

MT、AT共に0-100kmが13秒台だってさ
軽自動車やん

2015-03-28 11:18 | from まさお

アクアなんかはトヨタの人気商品ということで無難に選ぼうと買っている人が多いかもしれませんね。
でも、CX-3は格好いいですからね。割高でも格好いいから買おうっていう人が多いんじゃないかと思います。

2015-03-28 12:06 | from -

Re: No title

管理人です。

> MT、AT共に0-100kmが13秒台だってさ

 えっ!それマジな話ですか!?
それはいくらなんでも遅すぎないですかね?(^_^;

 自分が試乗したときの感触で言うと、
まぁ確かに加速レスポンスが悪いので、
0-100km/hみたいなダッシュは不得意な
クルマではあると思います。
でも、体感的にはそこまで遅くないと
思うんですけどねぇ。

 ジワッとアクセルを踏み増しした時の
トルクの出方はそれなりに力強いので、
急加速はさせずディーゼルの特徴を生かした
乗り方をすれば、充分な力はあると思います。

 ですが、もしその「0-100km/hが13秒」
というのが事実だとしたら、
多少レスポンスを改善するなりして
タイムを縮めてもらいたいですね。

 乗ってて不足を感じなければいいとはいえ、
この価格帯のクルマとしては
13秒はあまりにもお粗末すぎますね。(-_-;

2015-03-28 16:08 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/199-15fbf9c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。