GT-Rが大事故!ニュルで観客1名死亡! - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GT-Rが大事故!ニュルで観客1名死亡!

20150329_b1.jpg


日産GT-Rが、ニュルブルクリンクで行われたレース中に大事故!
この事故に巻き込まれた観客1名が死亡する惨事が起きてしまった。


これは、3月28日におこなわれたVLNニュルブルクリンク耐久シリーズ第1戦「VLN1」での出来事。

走行中に車両前方が浮き上がったGT-Rは、浮き上がった状態のままでガードレールに激突し、フェンスを乗り越えて観客席へ・・・。


 画像をクリックするとYouTubeにジャンプします
20150329_b2.jpg


この事故により、レースを観戦していた観客1名が死亡。
ドライバーは無事だったが、レースは中断され、中止となった。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/03/29/247803.html


GT-Rとしたことが・・・


世界にその名を轟かす、日産が誇るスーパースポーツカー「GT-R」。

日産の持つテクノロジーが惜しみなく投じられており、圧倒的な動力性能を持つだけでなく、その性能をドライバーが安心してフルに発揮させられるだけの安定感と車両応答性を併せ持つ、日本を代表する「究極に速いクルマ」と言っていいだろう。

GT-Rのプライドとは、もはや日産だけのプライドではなく、日本のプライドだ。
そこまで言っても決して過言ではない。

そんなGT-Rとしたことが、こともあろうか車両前方が浮き上がる状態となり、死亡者を出すほどの大事故を起こしてしまうとは・・・。


特にGT-Rと言えば、単に力まかせなクルマを目指したクルマではなく、意のままに操れて狙い通りの走りができる、究極の「トレーサビリティ」にこだわって開発されているクルマだ。

それだけに、このような事故はGT-Rにとってはかなり屈辱的というか、論外な事故内容だと言えるだろう。
意のままどころか、ドライバーの意思を路面に伝える「接点」を失ってしまったわけだから。。。


徹底した事故原因の究明を!


どんなテクノロジーが詰め込まれていても、車両が浮いてしまっては元も子もない。
それに、車両が浮いてしまうということは、その前段階でドライバーへのステアリングを通じてのインフォメーションは相当に失われていたはずだ。

プロのドライバーなら即座に対処できそうなものだと思うが、なにしろレース中はかなりの速度が出ているだけに、何かちょっとした不測の事態が重なってしまっただけで、対処のしようがなくなってしまうことも充分にあり得る。

とにかく、GT-Rほどのレーシングテクノロジーが詰め込まれたクルマがあのような状態になってしまうのはよほどのことだ。
原因究明をおろそかにすれば、今後また同じような事故が起きる危険性は高い。

単にドライバーの操作ミスや判断ミスによるものなのか、コースに何かがあったのか、はたまた車両に何かがあったのか、徹底的に調べて対策してもらいたい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/202-d3cd69db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。