S660発表!同時に限定車も発売!その違いとは - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S660発表!同時に限定車も発売!その違いとは

20150330_a1.jpg
 HONDA S660のすべて(別冊モーターファン)

ホンダは、新型オープンカーの「S660」を4月2日に発売することを発表した。
同時に、特別限定車「S660 CONCEPT EDITION」(エスロクロクマル コンセプト エディション)も発売するという。ノーマルとの違いは何なのか。


S660は、1996年に生産を終了した「ビート」以来となる19年ぶりのホンダの軽オープンスポーツ。

軽自動車としては初となる6速マニュアルトランスミッションや、ターボチャージャーを新設計してスポーツカーらしいレスポンスを実現した660cc直列3気筒ターボエンジンなど、運転の楽しさを感じられるクルマをめざし開発されている。


20150330_a2.jpg


S660のグレード構成と価格は以下の通り。

20150330_a4.jpg


同時に発売される特別限定車「S660 コンセプトエディション」とノーマル仕様との違いは、エクステリア、インテリアで、それぞれ以下のような違いがある。

●エクステリア
・ボルドーレッド ロールトップ
・2トーンカラーサイドミラー
・内部ブラック塗装エキパイフィニッシャー
・撥水ボディーコート「ウルトラグラスコーティングNEO」
・ドアガラス 撥水ガラスコート

●インテリア
・専用レッドステッチ(シート、ステアリング、シフトノブ)
・シリアルナンバー(1~660)付アルミプレート
・センターディスプレイ(internavi POCKET連携対応)


20150330_a3.jpg

特別限定車「S660 CONCEPT EDITION」の詳細はこちら

特別限定車の台数は660台で、販売台数が限定数に達した時点で販売終了となる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/03/30/247836.html
http://response.jp/article/2015/03/30/247850.html
http://www.honda.co.jp/news/2015/4150330-s660.html
http://www.honda.co.jp/S660/
http://www.honda.co.jp/S660/special/


限定車はもう少し特別感が欲しい


だいぶ前からネット上やクルマ雑誌等では話題になっていた「S660」が、ついに発売となる。

「軽」としては結構なお値段だと思うが、オープンスポーツという特殊なクルマなのでそれもある程度仕方がないだろう。

その代わり、「スポーツ」を楽しめるようにターボチャージャーを新設計していたり、吸排気音やターボチャージャーの作動音などにもサウンドチューニングが施されているということで、迫力のあるエンジンサウンドが楽しめるとのこと。

軽とはいえ、かなり「スポーツ」にこだわって設計されているようだ。


その一方、特別仕様車の仕様は、筆者としては少々物足りないと感じる。

登場から何年か経って、売り上げを再び盛り上げるために投入される特別仕様車とは違い、デビューと共に登場する記念すべき特別仕様車なのだから、もっと思い切った仕様にしてもらいたかった。

ソフトトップの色が違うので、オープンにせず走っていれば見分けがつくが、オープンの状態だとオーナー以外にはノーマル仕様車と区別がつかないだろう。
フロントの表情や加飾で差をつけるぐらいのことはしてもいいのではないかと思うのだが。。。


まぁそれはさておき、最近のホンダ車としてはデザインもなかなかのもので、厳しい寸法制限の中でチャチく見せないように「スポーツ」が表現できていると思う。

特別仕様車の特別感の薄さは少々残念だが、公道を走るS660を目撃する日が楽しみだ。
筆者の愛車候補にはなり得ないクルマではあるのだが、こういうクルマが公道に増えてくれば、何となく景気回復も実感できるというものだ。

HONDA S660のすべて

価格:540円
(2015/4/1 20:46時点)

新型 HONDA S660

価格:880円
(2015/4/1 20:48時点)


【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/203-9e5a02df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。