アウディ、ディーゼルの日本導入「いつでも出せる」 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ、ディーゼルの日本導入「いつでも出せる」

20150407_b1.jpg


4月7日に都内で開かれた新車発表会の後、囲み取材に応じたアウディジャパンの大喜多寛社長は、クリーンディーゼル車の日本導入に関し、
「いつでも出せる状態に近いところまで来ている」
と語った。


また、大喜多社長は、
「他社はディーゼルモデルを細切れに出しているが、うちは細切れではなく、出す時は出す。あっという出し方をする。」
とも述べ、幅広いモデルにクリーンディーゼルを導入する方針を示した。

気になる導入時期については、
「年内はないが、だけど1年後ということもない。」
と語った。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/04/07/248528.html


いよいよドイツ御三家の揃い踏み


メルセデスとBMWはすでに日本でもクリーンディーゼルが導入されているが、ここへきてようやくアウディもクリーンディーゼルの日本導入計画が社長の口から語られ、その時期が近いことが明確となった。

日本車でクリーンディーゼルと言えば、その画期的なテクノロジーと販売での強烈な宣伝もあり、ほぼマツダが1社で頑張っているに近い状況だ。

すでにダウンサイジングターボの流れを作りながらも、クリーンディーゼルでも攻めの体制に入ってきている外車勢に対し、最近の日本の自動車メーカーの対応は何かと遅れ気味な印象が強い。

しかし、単にその流れを後追いし、追いつき追い越せというのも少々つまらない。

日本の自動車メーカーには、そこにオリジナリティのあるテクノロジーを混ぜ込みつつ、この大きな自動車業界の流れの中で世界と戦ってもらいたいと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/212-597b8169

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。