キャラ設定新たに「エクシーガ クロスオーバー7」発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ設定新たに「エクシーガ クロスオーバー7」発売

20150416_a1.jpg


スバルは、「エクシーガ クロスオーバー7」を4月16日より発売することを発表した。


「エクシーガ クロスオーバー7」は、その名が示す通り、7人乗りのクロスオーバーモデル。

専用サスペンションの採用で、車高の高さを感じさせない乗り心地を実現し、最低地上高は「フォレスター」や「レガシィ アウトバック」や「XV」よりも低くしながらも、都市型SUVとして充分な170mmを確保。

全幅も立体駐車場への対応を考慮して1800mmとし、都市型SUVにふさわしいパッケージングとなっている。


インテリアはタン色をメインとし、レザー、ピアノブラック調、金属調の加飾によって、遊び心のあるデザインに上質感が加えられている。


20150416_a2.jpg


エンジンは、2.5リットル水平対向4気筒DOHCの自然吸気エンジンを採用。
ターボは設定されておらず、グレード展開も1グレードのみとなっている。

価格は275万4000円(税込)。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/04/16/249125.html
http://response.jp/article/2015/04/16/249111.html
http://www.fhi.co.jp/news/15_04_07/15_04_16_115235.html


新登場でキャラ設定が明確化


「エクシーガ」と言えば、これまでもスバルの多人数乗り車としてラインアップされていたわけだが、はっきり言って存在感が薄かったというか、キャラ設定が曖昧だったように思う。

多人数乗りということで、「ミニバン」なのか?と言われると、スバルにミニバンのイメージが無いということと同時に、そのフォルムもミニバンと呼ぶにはビミョーなフォルムだったように個人的には思う。
つまり、ある意味では個性的だったのかもしれないが、悪く言えば「中途半端だった」とも言えるだろう。


そんな「エクシーガ」が生産終了となり、代わりに登場したのが今回の「エクシーガ クロスオーバー7」だ。

車名に「クロスオーバー」と付けたことで、都市型SUVであることを明確にアピールすると共に、そのフォルムも明確にSUVらしくなった。
また、スバルと言えば四駆、SUVのイメージも強いだけに、ブランドイメージとの乖離もなくなった。

そして、現在多く存在している他社のクロスオーバーは、5人乗りが大多数。
7人乗りの「エクシーガ クロスオーバー7」は、その点において、クロスオーバー車としてはそれだけでも充分に個性的な存在となる。


ミニバンの客を奪えるかどうか


これまで、3列シートと言えばミニバンということで、お子さんを持つ多くのファミリーが、「ミニバン」というカテゴリーの中でクルマ選びをしていた状況があるように思う。

今回の「エクシーガ クロスオーバー7」は、3列シートでありながら、いま流行りのクロスオーバーという点で、ミニバンしか無いとあきらめていたクルマ好きのお父さんたちに訴求するものがあるのではないだろうか。


新たなキャラ設定を、車名でも見た目でも押し出した今回の「エクシーガ クロスオーバー7」。
今後、世間からどれくらい受け入れられるのか、その売れ行きに注目だ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/216-25ba5cc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。