ホンダ、ヒドすぎる営業利益率!その原因は? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ、ヒドすぎる営業利益率!その原因は?

20150429_a1.jpg


4月28日、ホンダは、2014年度連結決算を発表した。
営業利益率は、前年同期から1.1ポイント悪化し、5.2%とのこと。
この数字は、先に決算発表したマツダの6.7%、三菱自動車の6.2%、ダイハツの6.1%と比べても格段に低い。


しかも、ホンダの場合は他社と異なり、利益率の高い二輪車事業を含んでのこの数字(5.2%)なのだ。

四輪事業だけを見た場合、第1四半期が4.3%、第2四半期が3.4%、第3四半期が3.0%、第4四半期にいたってはなんと0.8%だという。

そして今期の2015年度についても、4.8%を見込んでおり、営業利益率が下げ止まらない状況だ。


その原因として岩村副社長は、環境変化が3つほどあったとし、

「販売台数が伸びない中、投資した生産設備による固定費が膨らんだこと、品質関連費用が増えたこと、そしてもう一つがドルクロス。」

と語った。


また、販売台数が伸びない点については、

「品質関連対応で2014年度は相当、新車の投入を遅らせた。その分、『グレイス』『N-BOXスラッシュ』『ジェイド』の3つに相当かけていたが、販売が予測に届かなかった。」

と振り返り、その原因として、フィットハイブリッドなどでリコールを連発したことにより、

「品質問題で私どものブランドが若干毀損されている。既納客は販売店との結びつきが強いこともあってコンタクトができるが、新規客がなかなかとれなかった。それが3機種の見込み違いになってしまった。」

と分析した。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/04/29/250086.html
http://response.jp/article/2015/04/29/250090.html


猛省して復活してほしい!


フィットハイブリッドのリコール連発は、確かにインパクトが強かった。
品質を確保するために最低限守るべきことや開発体制をないがしろにしたために、結局はホンダブランドに対する信頼に傷をつけるだけでなく、自らの儲けを削ることになってしまった。

これも、利益至上主義、あるいは、効率よく稼ぐための取り組みが行き過ぎた結果なのか。

とにかく、儲けることに意識が向きすぎると、どこかに無理が生じて問題が発生し、その対策などでムダな費用がかさみ、結局は余計に儲からなくなってしまうということだ。

ホンダにとっては良い薬になったと思う。
猛省して、再び頑張ってもらいたい。


新型車が売れないのは品質問題のせいか?


岩村副社長の分析では、品質問題によってブランドが毀損されていることで、新規客を獲得できず、見込み違いになってしまったとのことだが、はたしてそれが新型車が売れない原因なのだろうか?

筆者が思うに、ただ単純に「ダサい」から売れないだけ、ではないだろうか?

なぜなら、筆者が最近のホンダ車で唯一デザインが良いと思っている「ヴェゼル」に関しては、順調な売れ行きを記録しているからだ。

「ヴェゼル」と言えば、フィットをベースとしたクルマで、ハイブリッドモデルに関してはフィットハイブリッドと共にたびたびリコール対象にされるなど、品質問題では一騒動あった車種である。

そのヴェゼルが好調なのだから、新型車が売れない原因を「品質問題でブランドが毀損されているから」というのは、ちょっと違うのではないか?という気がしなくもない。


幹部のもくろみが無理すぎる!


セダンの新型車「グレイス」が売れない理由について、岩村副社長は、

「このクラスの4ドアセダンは我々相当長い間休んでいた。それで新たに出して昔の『アコード』のお客さんや『カローラ』のユーザーも取り込みたいと思っていたが、残念ながら目論んでいたほどではなかった。」

と語ったようだが、もくろみが無理すぎると感じる。


まず、昔の「アコード」の客が、「グレイス」のようなダサいクルマに魅力を感じてくれるとは到底思えない。


20150429_a2.jpg
 昔のシブい「アコード」


20150429_a3.jpg
 ダサすぎる新型セダン「グレイス」


恐らくは、内装・装備うんぬん以前に、グレイスなんか、「見た瞬間に却下!」、となるだろう。
そんなこと、考えなくてもわかりそうなものだが。。。


そして、「カローラ」のユーザーは、たぶん「カローラ」を買う。

歴史を刻む伝統の車名「カローラ」。
デザインのダサさでは「グレイス」といい勝負かもしれないが、カローラの客というのは、特別クルマに興味がある人たちではなく、故障なく便利に使えればそれでいいという、保守的な層が多い。

わざわざ聞き慣れない車名のクルマに乗り替えるには、相当に強い「惹き」の要素がない限り無理だろう。
「カローラ」と「グレイス」では、その車名の歴史が違いすぎるため、「カローラが無難」という判断をされてしまうのがオチだ。


大幹部が、こういった「当り前のことに当り前に気付ける」ようにならない限り、本当の意味でのホンダの復活は、まだまだ先になるのかもしれない。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

No title

やっとポンコツ認知が市場に浸透してきた証拠でしょうか。欠陥ハイブリットシステムを4車種に展開しさらにデザインが終わってる。売れる要因が無い・・・。ヴェゼルに関してもサイドビューがCX-5の丸パクリ。正面から見るとまさしく今のホンダ顔で相変わらずダサい。

2015-04-30 12:22 | from ガリヨシ

確かに。

ダサいですね、最近のホンダは。
マツダが見た目、走りともにさらなる進化を果たしているのに対し、ホンダは見た目もダサい上に走りよりも燃費や使い勝手重視な車作り。燃費、ハイブリッドではトヨタに勝てない以上、ハイブリッド以外でのホンダの魅力を出さない限り復活は難しいでしょうね。

2015-04-30 22:16 | from アテンザ乗り

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/225-afbb5f5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。