アコードハイブリッド、自動ブレーキでリコール - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコードハイブリッド、自動ブレーキでリコール

20150515_a1.jpg


ホンダは、「アコード ハイブリッド」および「アコード プラグイン ハイブリッド」の2車種で、衝突軽減ブレーキシステムに不具合があるとして、国交省にリコールを届け出た。


ミリ波レーダーによる障害物検知プログラムが不適切なため、路肩や中央分離帯等に防護柵があり、先行車との車間距離が離れた際に、受信したミリ波情報をまれに前方障害物と誤認識することがあるという。

そのため、衝突の可能性がないにもかかわらず、予期せぬ急制動がかかる恐れがあるとのこと。
なお、この不具合は2件、物損事故が1件発生している。

この不具合の改善措置として、障害物検知プログラムを対策プログラムに書き換える。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/05/15/251206.html
http://www.honda.co.jp/recall/150514_3566.html


即事故につながる、自動ブレーキの不具合


自動ブレーキの不具合は、何も今回のホンダに限らず、これまでに他社でもリコールが発生しており、特に珍しい話でもなければ驚くような話でもない。

ただ、自動ブレーキの不具合は、まったく急ブレーキを必要としない状況下で、いきなり急ブレーキがかかるといった誤作動につながるため、個人的にはかなり恐ろしい不具合だと思っている。

即、命にかかわる多重追突事故が発生する可能性が否定できないからだ。

自分の運転のせいで事故って死ぬのならあきらめもつくが、「追突事故を防ぐための装備が誤作動したせいで、追突されて死んじゃった」、なんてことになったら、笑えないどころかとても成仏できそうにない。


不具合ではないものが不具合になる恐さ


自動ブレーキの不具合が恐いのは、設計者としてはプログラムは「適切」で「設計通り」、すなわち、不具合のない状態に仕上げていても、ある日突然それが「不適切」なプログラムとなり、「不具合」と呼ばれるようになる可能性が高いというところだ。

何が言いたいかというと、

「公道における、あらゆるシチュエーションを想定して動作検証するのは極めて難しい」

ということだ。


つまり、自動ブレーキを設計している技術者の方々は、公道走行時に考えうる様々なケースを想定して動作検証をしておられると思うのだが、その想定には無い状況が公道上で発生したとき、かける必要のない急ブレーキをかけてしまう可能性を否定できない、ということだ。

想定に無い状況では、プログラムとしては設計通りに正常動作して急ブレーキをかけたとしても、かける必要のないところでブレーキがかかったのなら、それはドライバーから見れば誤作動なのだ。

従って、想定漏れの状況に遭遇したとき、これまでは設計通りの動作であり「適切」だったはずのプログラムが、一転して「不適切」なプログラムと呼ばれるようになってしまうのである。


今回のリコールで問題となった「不適切なプログラム」とやらが、

・何らかのミスによって設計通りのプログラムになっていなかったのか

あるいは先ほど述べたように、

・プログラム自体にミスがあったわけではないのだが、想定していなかった状況に遭遇したために「不適切なプログラム」となってしまったのか

どちらなのかはわからない。

ただ、リコール届出の文面を読み取る限り、恐らく後者ではないだろうか。


「想定外」の収束を祈るのみ


筆者は自動ブレーキという装備が大嫌いで、出来ればこんな装備は付いていないクルマのほうが安心して乗れて良いと思っているが、このご時世、もはや自動ブレーキの装備を避けてクルマ選びは出来ない時代になりつつある。

世の中の流れが自動ブレーキ普及に向けて動いている以上、こうなったら筆者が願うのは「想定外」の出来るだけ早い収束、である。


なにしろ公道で想定されるシチュエーションというのはあまりにも幅広い。
考えられる全ての状況を想定することは極めて難しい。
なので、これからもこの手のリコールは何度か繰り返されるだろう。

リコールが繰り返され、早く想定外の状況がなくなる日が来ることを祈りたい。

とはいえ、「日産は2台前を走るクルマの状態を検知して・・・」などと、各社とも他社の自動ブレーキとの差別化を図ろうと、今までよりさらに複雑な状況に自動ブレーキを対応させようとしているため、こうなってくるとますます想定すべき状況の範囲が広くなり、誤作動を防ぐのが難しくなってくるような気がして不安だが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

自動ブレーキが世に出てから誤作動含めても確実に事故が減っていますからね。
各メーカーがこぞって開発するのは致し方なしですよ。
こういう物がないと事故を起こす運転者が非常に多い。
私は自分自身は自動ブレーキはいらないが自分以外の者には装備してほしいと思っています。
誤作動の可能性があっても見知らぬ他人より機械の方が信用出来るからです。

2015-05-19 00:36 | from -

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/233-d4cc9007

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。