コペン、丸目の「第3のモデル」先行受注開始 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コペン、丸目の「第3のモデル」先行受注開始

20150518_a1.jpg


ダイハツは、コペンの丸目モデルとなる「第3のモデル」の先行受注を、5月18日より開始することを発表した。


「第3のモデル」では、ヘッドライトが丸目となるフロントフェイスだけでなく、リヤコンビランプも丸型となるなど大幅に意匠が変更されているが、「コペン ローブ」とのDRESS-FORMATION(部品着脱交換)が可能とのこと。

先行受注した顧客には、「第3のモデル」の特別映像DVDが贈呈される。

なお、第3のモデルの正式発売は2015年6月18日。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/05/18/251447.html
http://www.daihatsu.co.jp/wn/2015/0518-1/20150518-1.pdf


先代コペンの流れをくむ「第3のモデル」


昨年の6月に発売された新型コペン。
現在のモデルラインナップは、「コペン ローブ」と「コペン エクスプレイ」の2種類だが、そのデザインは先代モデルとはガラッと変わった。


20150518_a2.jpg
  「コペン ローブ」


20150518_a3.jpg
  「コペン エクスプレイ」


張りのある力強いフロントの造形は、いかにも近年の新型車らしいデザインとなっているが、一方で、柔らかい雰囲気が特徴的だった先代モデルのファンからすれば、「こうじゃないんだよなぁ」という人も少なからずおられたことだろう。


そんな先代コペンのファンに響きそうなのが、今回先行受注が開始された「第3のモデル」だ。


20150518_a4.jpg
  「第3のモデル」



フロントフェイスの印象は、まさに先代のデザインの流れをくんでおり、それでいてサイドのキャラクターラインには今っぽさもあり、昔と今がいい感じに融合したデザインと言えるのではないだろうか。

筆者はまだ街中で新型コペンを目撃したことがないのだが、広さや燃費といった実用性が重視される世の中だけに、こういった趣味性の高いクルマを街中で見かけるとうれしくなる。

第3のモデルの登場で、コペンの売れ行きに再び勢いがつくことに期待したい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/234-458009ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。