アウディ Q1の量産化を正式発表 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ Q1の量産化を正式発表

20150526_a1.jpg
 アウディQ1のデザインスケッチ

アウディは、Qシリーズの入門車となる「アウディ Q1」を、2016年からドイツ・インゴルシュタット工場で生産することを正式発表した。


これは、5月22日にドイツで開催された株主総会の場で、ルパート・シュタートラーCEOが明らかにしたもの。

Qシリーズとは、言わずと知れたアウディのSUVモデルのシリーズ名称。
2006年にQシリーズの第一弾「Q7」が発売されて以降、Q5、Q3と、徐々に小型のSUVが追加ラインナップされてきた。

アウディは今回正式発表した「Q1」に加え、2019年にはQシリーズの頂点となる「Q8」を発売する計画で、Qシリーズに対する幅広い顧客のニーズに対応していく。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/05/26/251964.html


SUVの競争激化!


筆者は常に新型車や自動車ニュースをチェックしているが、ここ数年、SUV系の車種が随分と注目を集めているなぁという印象が強い。

特に、比較的小型のSUVや、「コンパクトクロスオーバー」と呼ばれる領域のSUVの人気は上昇傾向にあると言って間違いないだろう。

BMWはすでに最小のX1までラインナップされており、メルセデスもAクラス派生のGLAをラインナップ。
国内でもレクサスのNXや、ホンダのヴェゼル、マツダのCX-3など、コンパクトなSUV系モデルが新車種として登場しており、活況の様相。

選択肢が増えるのは、クルマ好きの人間からすれば喜ばしいことだ。

より自分好みのモデルを選択できるということだけでなく、競争が激化することにより、各社とも独自色や他の車種との差別化を図るなど、製品レベルを高める努力にもおのずと力が入るというものだろう。

とはいえ、筆者自身の試乗経験から言わせてもらえば、現状はまだクルマの出来(洗練度)はイマイチで、「人気先行」という感が否めない部分もある。

競争激化により、費用対効果の高いハイレベルなSUVモデルが増えていくことを期待したい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/239-0afc2a82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。