BMW初の7人乗りミニバンが登場 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW初の7人乗りミニバンが登場

20150526_c1.jpg


BMWは、BMW初となる7人乗りミニバン「BMW 2シリーズ グランツアラー」を、6月6日より発売することを発表した。


「BMW 2シリーズ グランツアラー」は、コンパクトなボディサイズでありながら、最大で7人の乗車が可能な広々とした室内空間を確保。

20150526_c2.jpg


2列目と3列目のシートは、乗車人数や荷物の量に合わせて多彩なシート・アレンジが可能となっており、様々な用途に合わせて使用することができる。

パワートレインには、1.5リッターおよび2.0リッターのガソリンターボエンジン、そして、2.0リッターのクリーンディーゼルターボエンジンが設定されており、力強い走りと低燃費を達成している。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/05/26/251992.html
http://news.bmw.co.jp/press/2015/05/26.html


FF、そしてミニバン・・・


先に発売されている「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」では、これまでのFR、前後重量配分50:50のこだわりを捨て、BMW初のFFモデルの登場。

そして、今回の「BMW 2シリーズ グランツアラー」では、7人乗りということで、現在の日本では依然として需要の大きい「ミニバン」が、BMWとして初の登場となったわけだ。

新たな客層を取り込んでいくためには、いつまでも「こだわり」続けていくわけにもいかないということで、守備範囲を大きく広げ始めたBMW。

元々、「こだわる」という言葉は良い意味の言葉ではない。

筆者としては、こだわりを持つメーカーは嫌いじゃないので、ここ最近のBMWの動きは少々残念に思っていたりもするのだが、こだわりを捨てたBMWの評価が今後さらに上がるのか、それとも下がるのかは、台数が多く売れるモデルの評価によって大きく左右される可能性もある。

そういう意味では、「アクティブツアラー」や今回の「グランツアラー」は個人的には気に食わないものの、世間で高評価を受けてもらいたいモデルである。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

なんかホンダの全盛期から現在までの落ちぶれる過程をBMWも同じくして辿ってる感じが…

2015-05-30 22:52 | from -

3列目は?

側面写真を見る限りでは、どう見ても3列目はミニバンでありがちな「死に席」なんですが、内装写真見ると何かゆったりスペースっぽく見えますね。
小さい子供を使ったり、撮る角度を工夫した撮影トリックですかね?

2015-05-31 07:05 | from タウラス

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/241-cb510bea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。