FFベースのBMW X1 新型、欧州で発表 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFベースのBMW X1 新型、欧州で発表

20150604_a1.jpg


6月3日、BMWは、欧州でBMW X1の新型を発表した。
現行型のX1はFRであるのに対し、新型X1は、FFおよびFFベースの4WDとなる。


新型X1は、2シリーズ アクティブツアラーやグランツアラーと同様のプラットフォームを使用。


20150604_a2.jpg


ボディサイズは、全長4439mm、全幅1821mm、全高1598mmと、現行型よりも全長は短くなったが、ホイールベースは90mm伸ばされたことにより、後席のスペースは拡大。
また、トランク容量も現行型より85リットル増えている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/06/04/252688.html
http://www.autocar.jp/news/2015/06/03/125643/


FFラインナップ拡大中


2シリーズ アクティブツアラー、グランツアラーに続き、X1もFFとなった。

次の新型1シリーズもFFになるという話なので、これまでFRへのこだわりを見せてきたBMWだが、目下、FFモデルのラインナップ拡大中である。

しかし、FFにしたほうが室内空間を確保する上で有利だし、X1など比較的コンパクトな全長のモデルでは、もはやFF化はライバル他車との競争において、避けられない流れではあるかもしれない。


実は筆者は、「X1」というモデルにはあまり興味がない。

今回の新型のデザインは、現行型より力強さが増していい感じだと思うのだが、特にSUVにこだわらないのであれば、コスパ的にも「1シリーズ」のほうがいい、と感じてしまうからだ。

もっとも、まだ新型X1の価格はわからないし、日本での発売日もどれくらいの時期になるのかわからないので何とも言えない部分もあるのだが。


よりカッコ良くなり、室内空間も拡大した新型X1。

日本で発売開始された際には、新たな顧客層を獲得することに成功するのか。
従来からのユーザー、ファンからの支持は得られるのか。

愛車候補としての興味はないが、世間がどう反応するのか、少し楽しみだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/248-3f314ae5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。