2つの顔の次期プリウス、「ベストカー」で徹底解説 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つの顔の次期プリウス、「ベストカー」で徹底解説

20150609_a1.jpg
 ベストカー 「まるわかり NEWプリウス&プリウスPHV」 2015年7月10日号

発売まで約半年ほどとなった、次期プリウス。
2つの顔で登場するとのことで、「ベストカー」の2015年7月10日号が完全解説と称した記事を掲載している。


20150609_a2.jpg


記事によると、そのデザインはあの燃料電池車の「MIRAI」っぽい顔になるという。
プリウスPHVではデザインが差別化され、よりクリーンなイメージを訴求するとのこと。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/06/09/253010.html


雰囲気が激変!


次期プリウスの顔、現行モデルと比べると激変と言っていい変わりようだ。

ヘッドライトの形状は、近年の新型車は全体的に細目のシャープな感じになってきている傾向があるように感じる。

しかし、次期プリウスのヘッドライトは、ちょっとやりすぎのような気もする。

最近のトヨタ車のデザインの流れ、いわゆる「キーンルック」をより強調させたデザインだと思うのだが、ここまでくると少々「奇抜」とも感じるレベルだ。


次期プリウスは、デザイン変更のために発売予定を延期したとも言われていただけに、そのデザインには注目していた筆者。

しかし、リヤ部分に関しては新たなテイストが盛り込まれていて面白いと感じるものの、フロント部分に関してはやりすぎ感のあるキーンルック、その一方で、Aピラーに至るまでの形状には大した新しさは感じられず、ちょっとガッカリな感じはする。


そんなわけで、少々奇抜な感じもするデザインの次期プリウス。
他車のオーナーたちを振り向かせ、新規顧客を獲得ことはできるのだろうか?

そして、従来型プリウスのオーナーたちからの支持を得て、乗りかえ需要にも応えることができるのだろうか?

登場後の世間の反応に注目だ。



ベストカー 「まるわかり NEWプリウス&プリウスPHV」 2015年7月10日号

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/251-22bde370

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。