プラドにクリーンディーゼル、燃費は11.8km/L - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラドにクリーンディーゼル、燃費は11.8km/L

20150617_a1.jpg


トヨタは「ランドクルーザー プラド」を一部改良し、6月17日に発売した。
何と言っても注目は、燃費性能11.8km/Lを達成した、新開発となる2.8リッターのクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」が搭載されたことだ。


トヨタがディーゼルエンジン搭載車を発売するのは8年ぶり。

新開発の尿素SCRシステムなどにより、窒素酸化物(NOx)を大幅低減することで「ポスト新長期規制」に適応しており、「エコカー減税」の対象となる。

また、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金、いわゆる「CEV補助金」を利用した場合、最大で約24万円が給付されるという。

なお、クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」の最高出力は177PS/3400rpm、最大トルクは45.9kgf・m/1600~2400rpmとなっている。


一方、2.7リッターのガソリンエンジン車については、トランスミッションを6速ATに多段化し、エンジンの改良も施され燃費性能が改善された。


グレード構成と価格は以下の通り。

20150617_a2.jpg


【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/06/17/253627.html
http://response.jp/article/2015/06/18/253684.html
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/8197432/


燃費は良いのか悪いのか?


数値だけ見ると、11.8km/Lという燃費性能は、イマドキとしては特に驚くような数値ではない。

しかし、今回の一部改良版プラドのディーゼル搭載車は、グレードによって重量は異なるものの約2.2トンほどの車両重量がある。

それを考えれば、177PS、45.9kgf・mというパフォーマンスとのバランスにおいて、それなりに低燃費と呼んでよいレベルかもしれない。


低燃費技術、揃い踏み


トヨタの低燃費技術と言えば、やはり「ハイブリッド」のイメージが強い。

しかし、電気自動車(EV)の長所を取り込んだハイブリッドとしてプラグインハイブリッド(PHV)もすでに出しているし、最近ではダウンサイジングターボも新型車に搭載。

そして今回、クリーンディーゼルも新開発して出してきた。

いま注目される低燃費技術のすべてを、ラインナップに盛り込んできたわけだ。


フィーリングはいかに


クリーンディーゼルで勢いのある国内メーカーと言えばマツダ。

マツダが開発したクリーンディーゼルは画期的なもので、世間でもその評価は高く、従来のディーゼルのイメージとは一線を画すフィーリングのエンジンとして人気を集めている。

今回のトヨタのクリーンディーゼルは、マツダのクリーンディーゼルの評価を超えられるほどのものなのだろうか?


スペックを見る限り、最高出力時の回転数からして、マツダのディーゼルほどよく回るエンジンではなさそうだが、重要なのはどこまで回るかではなく、通常の走行でよく使用する回転域でのフィーリングが良好な感触であるかどうかだ。

その点においては、マツダのクリーンディーゼルはかなりのレベルに達している。
トヨタはどうだ。

ランクル プラドには興味はないが、その新型クリーンディーゼルエンジンの出来栄えには正直興味がある。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/257-5dfe29d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。