日産、秋発売の「ノート NISMO」を初公開 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産、秋発売の「ノート NISMO」を初公開

20140723_b1.jpg


23日、日産は秋に発売予定の「ノート NISMO」を初公開した。


NISMOモデルは、パワートレインをはじめ空力に至るまで、あらゆる面でチューニングが施されたモデルだ。
グレード構成は2グレードで、「NISMO」と「NISMO S」。

上級グレードの「NISMO S」では専用チューニングされたエンジンと5速MTを組み合わせ、低速からの力強いトルク、MTならではの操る快感を実現したとしている。


20140723_b2.jpg

20140723_b3.jpg


ちなみに今回発表された「ノート NISMO」は、NISMOグレード車としては5番目となる。
これまでのNISMOモデルの国内販売としては、宮谷社長によれば「マーチ NISMO」がマーチの販売全体の「10%程度から、多い月では20%を占めるようになっている」という。

宮谷社長は、「ノートは月間1万台の量販モデルなので難しいところはあるが、マーチと同じくらい、(比率が)取れればいい」と、意欲を示している。

なお、現時点では詳細スペックや価格は未公表。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/07/23/228349.html
http://response.jp/article/2014/07/23/228350.html
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/140723-02-j.html


NISMOモデルは「走る」のか?


NISMOという名前はモータースポーツを連想させ、そのイメージから「走りの良さ」を期待せずにはいられないと思うのだが、今回発表された「ノート NISMO」はどこまで期待して良いモデルなのだろう?

実は筆者は現行の「ノート」が発売された当初に試乗させて頂いたことがあるのだが、正直「走り」に関してはむしろ先代のノートの方が元気が良かったという印象だった。それだけに、「ノート NISMO」というグレードが、ノーマルのノートの走りの印象をどこまで変えることができるのか、少々興味がある。


2グレードあるうち、MTの「NISMO S」に関しては、専用チューニングされたエンジンが搭載されるとのことだが、「NISMO」のほうはどうなのだろう?

もし仮にエンジンが通常のままで、外装などのカッコだけがNISMOなのだとしたら、NISMOグレードらしい走りが期待できるとは正直思えない。

現時点では詳細スペックが明らかにされていないだけに何とも言えないが、やはり「NISMO」の名を持つグレードであるならば、ノーマルのノートとは一線を画す活発な走りを期待したいものだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/26-203d1ae2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。