CGかと思うほどマヌケな、本当の事故映像 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CGかと思うほどマヌケな、本当の事故映像

20150726_b1.jpg


米国インディアナ州で、踏切内で立ち往生したリムジンに列車が衝突する事故が起きた。
その一部始終が記録された動画が、ネット上で公開されている。


踏切を渡ろうとしていたクルマは、クライスラー「300」を改造したリムジン。

しかし、ホイールベースが長すぎて車両の底部が接触し、踏み切りの高低差を乗り越えられずに立ち往生してしまった。

そこに貨物列車がやってきた。
列車はリムジンに激しく衝突し、リムジンは線路上を引きずられていったが、乗員は避難していて無事だった。

 画像をクリックするとYouTubeにジャンプします
20150726_b2.jpg


【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/07/26/256441.html


やりすぎリムジン


筆者は最初、この事故映像を見て、
「これ、ギャグで作ったCGじゃないの?」
と笑っていたのだが、なんと、リアルな事故の映像だった。

このリムジン、どう見てもやりすぎだろう。

ストレッチしすぎだし、やたら長い割にはドアの位置も形状もまったく工夫されておらず、本当にただ単にストレッチしただけといった感じ。

ここまで長くするなら車高も上げないと、ほんのちょっとでも傾斜があると、しょっちゅうフロントリップや下っ腹をどこかに擦ってしまうことは、想像にたやすい。

こんな状態のクルマで、踏み切り越えにトライしたドライバーの神経がそもそも理解不能である。

ただ、あれほど強烈に列車に真横からぶつかられているにもかかわらず、意外とリムジンの車体が折れ曲がらずに原形をとどめているあたり、一般道での走破性はともかくとして、「頑丈さにだけはこだわって改造されている」、と感じたのは筆者だけだろうか。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/280-60359b34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。