アウディ A6がマイナーチェンジ - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ A6がマイナーチェンジ

20150730_a1.jpg


アウディジャパンは、アウディ「A6」をマイナーチェンジし、改良新型として7月30日より販売を開始した。
なお、このたび改良新型が導入されるのは「A6」のみではなく、「A6 アバント」、「A6オールロード クワトロ」、「S6」、「S6 アバント」、「RS 6 アバント」もマイナーチェンジされる。


今回の改良では、 質感と存在感をさらに高めるためのリファインがエクステリアを中心に施されており、 内外装のカラーにも新色が設定された。

装備面では、対向車を検知してハイビームの部分的マスキングを自動的に行う「マトリクスLEDヘッドライト」や、追突防止、車線キープ、車線変更を支援する予防安全のためのシステムが導入されている。

エンジンは、RS 6 Avant以外の全てのモデルで、パワーを向上させつつ燃費効率を改善している。

そして、戦略モデルとして、「2.0 TFSI クワトロ」、「1.8 TFSI」のグレードが新設定され、従来モデルにあった「A6 2.0 TFSI」、「A6 2.8 FSI クワトロ」は廃止された。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/07/30/256813.html
http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20150730-20102523-carview/
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/company/news.detail.news~pool~2015~07~150730.html


アウディ最長寿モデル「A6」


アウディのニュースリリースによると、前身モデル(Audi 100)から数えて7代目にあたるA6。
アウディブランドにおける、最長寿モデルシリーズとのこと。

これは筆者の中での勝手なイメージだが、メルセデスと言えば「Sクラス」、BMWと言えば「3シリーズ」、そして、アウディと言えば「A6」が、ブランドにおけるイメージリーダーという気がする。

まぁそこは人それぞれ意見があるところだと思うが、少なくとも、アウディというブランドにおいて「A6」というモデルは、筆者以外のクルマ好きな人たちの間でも、それなりに大きな存在感を持つ存在ではないかと思う。

つまり何が言いたいかと言うと、「A6」というモデルは、アウディに対する評価を左右する重要なモデルだということ。

しかし、これまで限定車を登場させるなどして販売をつないできたA6も、ここ最近では影が薄くなっていた。
アウディのイメージリーダーとして、魅力に欠ける状態だったことは否めないだろう。

それは、現行型A6が登場した時期が、いろんな面で「過渡期」であったことも原因の1つかもしれない。


現行型A6が登場した2011年は、外車勢がダウンサイジングターボ化を進める初期の過渡期だったし、その直後には、装備面でも安全支援に関する装備が過渡期に突入した。

A6は、再び存在感を示すためには、様々な面での改良が不可欠な状況に陥っていたと言える。


安全支援装備はまだまだ弱い


今回の改良新型で、主力グレードの1つだった2.8リッターのNAエンジン搭載モデルが姿を消すことになった。
装備も強化され、最近の他社の新型車で導入が進む、ハイビームの部分照射の自動化にも対応した。

ただ、安全支援装備に関しては、改良新型でも、他社の新型車に比べるとまだまだ弱いと感じさせられる状況だ。

元々「安全支援装備」といったようなもので勝負してきたクルマではないのだが、これだけ世の中が安全装備に対して興味を示し、それを重視してクルマ選びをしている消費者が多くなってくると、アウディとしても、日本国内での販売を伸ばすためには、さらなる安全支援装備の充実を考える必要があるだろう。

筆者個人的には、そこ(安全装備)がクルマの勝負のポイントになるのは、あまりいい気持ちはしないのだが、今はそういう世の中なので。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/283-acd246bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。