レクサスIS、米国で新グレード「IS300」が登場 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサスIS、米国で新グレード「IS300」が登場

20150731_a1.jpg


米国で先日発表された2016年モデルのレクサスISに、4WD専用の新グレードとして、「IS300」が登場している。


IS300には「IS350」の3.5リットルV6エンジンをデチューンしたエンジンが搭載され、スペックは最大出力255hp、最大トルク32.6kgm。

この数値は、IS350の最大出力306hp、最大トルク38.3kgmに対して、51hp、5.7kgm低く抑えられている。

これにより、米国における2016年モデルのISは、IS200t、IS300、IS350の、基本3グレード構成となる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/07/31/256983.html


出さなきゃいいのに・・・


新しいエンジンを搭載しているとか、既存のエンジンをパワーアップさせたとか、トルクをアップさせたとかなら「新グレード登場!」というのも素直に受け入れられるのだが、今さらわざわざ古臭い化石みたいな3.5リッターのNAエンジンほじくり返して、パワーとトルクをダウンさせて新グレード!?

なんとつまらない新グレードだろう。

外車がよく、ダウンサイジングターボのチューニング違いでグレードを複数構成しているのを、単に「従来からある既存のNAエンジンでやってみた」、というつもりなのだろうか?

パワーアップ版もありつつのパワーダウン版があるのならわかるが、もはや時代遅れとなりつつあるエンジンをわざわざパフォーマンスダウンさせて新グレードに搭載するなど、こんなことして恥ずかしくないのだろうか?

最近のレクサスは、日本ではIS200tが登場後にもIS250を続投させたり、米国では今回のように残念なグレードを新登場させるなど、やる事がまったくもって理解不能だ。

こんなの(IS300)出さなきゃいいのに。。。
日本人として、日本のメーカーがこのようなことを海外でやってしまっていることを、心の底から恥ずかしく思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

このグレードはAWDモデルのための設定のようですね。
2.5Lの廃盤で2.5LのAWDの代替と言うことで。

FR用縦置き2LターボとAWDのマッチングがまだなので、それまでの処置かと思われます。

2015-08-04 11:42 | from マグマ滝 | Edit

Re: タイトルなし

管理人です。

> このグレードはAWDモデルのための設定のようですね。
> 2.5Lの廃盤で2.5LのAWDの代替と言うことで。
> FR用縦置き2LターボとAWDのマッチングがまだなので、
> それまでの処置かと思われます。

 そうかもしれませんね。

 でも先日、IS300hにAWDが追加設定されたので、
AWD需要にはこいつで対応すればよいだけ
ではないかと思うのですが・・・。

 まぁ米国市場にはIS300hは現時点では
導入されていませんが、それを単に
導入すればいいだけのような気がします。

 それとも、やっぱりあのフィーリングバッドな
ハイブリッドではレクサスとしての高級感が
得られないということで、V6ガソリンエンジン車
に対する根強い需要があるんですかね?

 まぁとにかく、個人的には、
「つなぎ」のためのグレードなんか、
わざわざ新設定しないでほしいですけどね。(^^;

2015-08-11 00:43 | from 管理人

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/285-3bbce6e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。