クラウン ターボ、10月1日に発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウン ターボ、10月1日に発売

20150811_a1.jpg
 ベストカー 2015年9月10日号

10月1日のクラウンのマイナーチェンジで、ターボエンジン搭載モデルが設定されるとのこと。


なお、ターボが搭載されるのはアスリートのみで、排気量は2リットル。
ターボエンジンの搭載は、クラウンとしては2003年以来の12年ぶりとなる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/08/11/257715.html


レクサスISと同じ流れに


8月3日、クラウンより一足先に2リットルターボモデルが追加設定されたレクサスIS。

そして今回、10月のマイナーチェンジでクラウン アスリートにもターボが設定されるとのこと。

レクサスISでは、ターボモデル(IS200t)登場後も、IS250のAWDモデルのみが続投という形になっているが、ベストカーの記事によると、クラウン アスリートでも同じ流れになりそうだ。

つまり、2リットルターボ追加後も、NAの2.5リットルV6エンジンは、4WDモデルのみが続投される見込み。


4WDはハイブリッドのみの設定ではダメなのか?


トヨタとしては、「ターボモデルには4WDが無いから、2.5リットルV6エンジン搭載の4WDモデルを残す」というつもりなのかもしれないが、そもそもクラウン アスリートにそれほど4WDの需要があるのだろうか?

いや、あったとしても、4WD需要をハイブリッドモデルだけで受け止めることはできないのだろうか?(ハイブリッドには従来より4WDがあるので)

「ハイブリッドは4気筒だし、エンジン音やフィーリングがヒドいので、V6エンジンじゃなきゃダメだ!」
という客のために、2.5リットルV6エンジンを残す必要がある、ということなのだろうか?

しかし、そんなこだわりを持つユーザーなら、なおさら、新設定の2リットルターボよりも明らかにパフォーマンス(動力性能、燃費性能)が劣る時代遅れの2.5リットルV6エンジンを選んだりするだろうか?

正直、変な理由はつけずに、2リットルターボと入れ替わりで2.5リットルV6エンジンはモデル落ちさせたほうが潔いと思うのだが・・・。

【新品】【本】ベストカー

価格:359円
(2015/8/13 19:35時点)


【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トヨタの事ですから利益を出すという観点からすると4WD2.5V6を残した方がいいのでしょう。
とりあえずクラウン乗りとしてはリトルマイナーチェンジで済んで良かったです。

2015-08-14 00:27 | from -

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/290-c68529ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。