おベンツ様のSクラスに4気筒ディーゼルが登場! - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おベンツ様のSクラスに4気筒ディーゼルが登場!

20150827_b1.jpg


メルセデス・ベンツ日本は、4気筒クリーンディーゼルエンジンと高効率の電気モータを組み合わせたクリーンディーゼルハイブリッドモデル、「S300h」をSクラスに追加し、8月27日より発売することを発表した。


S300hの搭載するエンジンは、最高出力204PS/150kW、最大トルク500Nmを発揮する2.2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジン。

これに最高出力27PS/20kW、最大トルク250Nmを発揮する電気モーターを組み合わせることにより、最新のV8エンジンと同等のトルクを実現している。


メルセデス・ベンツ日本の上野社長は、

「Sクラスにディーゼルの4気筒はどうかという疑問をお持ちの方は多くいると思うが、これはまず乗って頂きたい」

と語る。

また、

「意外とSクラスをお求めになる方たちは試乗されないで買われるので、まず乗って頂くチャンスを設けて、4気筒やディーゼルと聞いただけで敬遠されてしまうことがないようにしたい」

とも語っている。


なお、ラインナップとしては、「S300h」(税込998万円)、「S300h エクスクルーシブ」(税込1270万円)、「S300h ロング」(税込1340万円)の3モデルが用意される。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/08/27/258753.html
http://response.jp/article/2015/08/27/258792.html
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2015/20150827_1.pdf


Sクラスでも4気筒は浸透するのか?


今回追加されたS300hは、現行型Sクラスで唯一1000万円を切るモデルとなり、Sクラスの新たなエントリーグレードとなる。

本来であれば、少々無理をしてでも何とか「Sクラス」を手に入れたい人たちにとっては、待望の追加グレードなのかもしれない。

しかし、そういった層の人たちに対して、はたして「4気筒」という現実は受け入れられるのだろうか?


「中身」よりも重要な「ブランド力」


ダウンサイジングターボ化の波で、今やプレミアムカーの間でもすっかり浸透している4気筒エンジンだが、「Sクラス」となるとまた話は違ってくるのではないか。

上野社長も語られているように、Sクラスを買う人たちは、高価なクルマであるにもかかわらず試乗もせずに買う傾向がある。

それは、「Sクラス」というメルセデスが誇る絶対のブランドに対する信頼があるからこそだと思うが、そういった「ブランド力」に大きな魅力を感じる人たちにとって、「4気筒」というキーワードは「ブランド力の低下」と捉えられかねない。


上野社長は、乗ってもらえば良さをわかってもらえる自信がおありのようだが、乗ってみて良いかどうか以前に、オーナーが求めるSクラスとしてのブランド力こそがまずは重要という人たちに、その思いは届くのかどうか、少々疑問である。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/303-aded6f51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。