1シリーズと2シリーズのツアラーが値上げ - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1シリーズと2シリーズのツアラーが値上げ

20150828_b1.jpg


BMWジャパンは、「1シリーズ」、「2シリーズ アクティブツアラー」、「2シリーズ グランツアラー」の価格を、10月1日付けで値上げすることを発表した。


各モデル・グレードの新・旧価格は以下の通り。
エントリーモデルの「118i」のみ、現在の価格のまま据え置きとなっている。

20150828_b2.jpg


なお、値上げの理由は、「原材料や輸送コスト等の高騰に対応するため」とのこと。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/08/28/258885.html
http://news.bmw.co.jp/press/2015/08/28-2.html


魅力が増した「118i」


外車の価格はただでさえ割高感のある価格設定だが、そこにさらに値上げとなるとなおさらだ。

しかし、エントリーモデルの「118i」だけが、現在の298万円をキープ。

値上げの理由から考えれば、118iの価格も上がらないとおかしいわけだが、そこはやはり、「300万円を切る価格!」という、BMWの戦略的価格設定を与えられた118iの特権といったところだろうか。

というか、118iが300万円を超えてしまったら、価格的魅力のインパクトが弱く、客寄せの効果が薄くなってしまうため、値上げ以前の問題として販売台数低下への影響が大きいという判断なのだろう。

本来なら値上げしないといけないところを、戦略キープのために価格もキープされるわけだから、「118i」の魅力はさらに増すことになる。


3シリーズ以降の価格はなぜ変わらないのか?


先にも書いた通り、BMWは値上げの理由を「原材料や輸送コスト等の高騰に対応するため」と説明している。

ならば、当然1シリーズや2シリーズだけでなく、3シリーズ以降のモデルも値上げの対象にならないとおかしいのではないか?

1シリーズと2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーに使用されている材料だけが高騰しているのだろうか?
あるいは、これらのモデルの販売台数が他のモデルと比較して圧倒的に多いとかで、輸送される台数が多いからだろうか?

もしそうであれば納得だが、実は3シリーズ以降のモデルの価格が変わらないのは、
「3シリーズ以降のモデルは最初から充分にボッタクリ価格を設定しているので、そこで吸収してもまだ余裕があるため」
という理由だったりして。。。

いや、そんなことはない、そんなことはないはずだ、そんなことはないと信じよう。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/306-9a673e5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。