こんなのアリ!?インフィニティ「Q40」を設定 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなのアリ!?インフィニティ「Q40」を設定

20140729_a1.jpg


インフィニティは、米国向け2015年モデルのラインナップで、新たに「Q40」を設定した。


「Q50」は、日本における新型スカイラインであることは周知の通りだが、今回新たに設定された「Q40」は、なんと先代のスカイライン(インフィニティG37)とのこと。


「G37」(先代スカイライン)と「Q50」(新型スカイライン)は価格帯が異なるため、顧客のニーズに応えるために2015年半ばまで併売することを決めた。
これに伴い、「G37」はインフィニティの新しい呼称方式に改められ、「Q40」として再出発することになった。

なお、「Q40」は2014年8月から米国で発売される予定だ。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/07/29/228751.html


まさかの新登場


先日、当ブログで取り上げた「インフィニティ、車種ラインナップ大幅拡大」で書いた通り、その動向に期待を寄せていたのだが、今回の「Q40」はそのラインナップ拡大計画の中の1つとしてカウントされるのだろうか?

まさかそんなことは無いとは思うが、もしそうだったら詐欺に遭った気分だ。

「2015年半ばまで併売する」という話自体は、結構前に発表されていた話なので今さらゴチャゴチャ言いたくはないが、個人的な気持ちを言わせてもらえば、やはりあまりスッキリしない。


「インフィニティ」で売るべきだったスカイライン


新型がとっくの昔(2013年8月)に出ているにもかかわらず、旧型が異例のロングラン併売、しかも「Q40」に名前を改めてまで2015年半ばまで併売されるということは、通常のモデルチェンジの常識から言えば異例中の異例だろう。

要するに、新型スカイラインの価格帯があまりにも急激にアップしたため、旧型スカイラインの後継とするには明らかに無理があったということだ。

実際、旧型に「Q40」という名を付けて現行インフィニティの命名規則に乗っけるということは、まったく別の車種として扱われていることになる。Q40とQ50は、本来同一車種の旧型/新型のはずだったのにもかかわらず、だ。


こうなってくると、日本における新型スカイラインの立ち位置はいよいよ不自然だ。

フルモデルチェンジしたはずなのに、遠くアメリカの地で旧型が同時に存在する。 しかも、「旧型Q50」としてではなく、「Q40」という別の車種名で旧型が売られているのだ。 これは果たして「フルモデルチェンジした」と言えるのだろうか?

もちろん、日本では旧型は売らないので、その矛盾は見えにくいが、この事態を知っている人にとってはこんな不自然な話はないだろう。


新型スカイラインはあまりにも高くなりすぎた。
やはりそもそも、これを「新型スカイライン」として売ったことに無理があったのだと思う。
そのまんま、「インフィニティQ50」で売るべきだった。


「スカイライン」を新たに作ってほしい!


日産が「スカイライン」という名前を残したい気持ちもわかる。
しかし、今の新型スカイラインを旧型スカイラインの後継とするのは、先述した通り、すでに実態として無理があるのだ。

ここはひとつ、スカイラインはスカイラインで、新たに作り直してほしい。

今の新型スカイラインについては、サービスキャンペーンか何かで「SKYLINE」の名前の入ってるパーツをすべて「INFINITI」パーツに付け替えて、完全にインフィニティQ50に変身させてしまうというのはどうだろう?
どうせ中身はほぼ同じなんだから。


と、無責任な希望を語らせてもらったが、まぁ無理なのはわかっている。
一度「スカイライン」として出したものを、今さら「インフィニティQ50」に変更するなんて、お金のことも含めいろいろ大変すぎるし、それ以前にメーカーとして恥ずかしすぎる。

すべては、あれを新型スカイラインとして発売してしまったのが間違いだ。
そこまで頑なに国内でのインフィニティ展開を拒まなくてもいいと思うのだが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

フーガの次

フーガの後継がどんな名称で出てくるか・・・
価格はスカイラインより100万円くらいは高くする必要があるでしょうから、250GTで520万円~くらいにはなりそうですね。まさか200GTターボは使わないですよねぇ。

2014-07-29 23:40 | from 東京の370GT乗り | Edit

Re: フーガの次

管理人です。

> フーガの後継がどんな名称で出てくるか・・・

 スカイラインと同じ失敗をしないためにも、
次期モデルは「インフィニティ」で出てきてほしいです。


> 価格はスカイラインより100万円くらいは
> 高くする必要があるでしょうから、
> 250GTで520万円~くらいにはなりそうですね。

 大幅に高くなったスカイラインより
高くすることになるわけだから、
またしても価格帯が跳ね上がるのは
容易に想像がつきますよね。(^_^;


> まさか200GTターボは使わないですよねぇ。

 どうでしょうね。
今のところ次の新型に使えそうなエンジンが
他に無いですから、何か新たに増やさない限りは
使われる可能性もあるんじゃないですかね?

 もちろん、スカイラインとは内装や装備で
明確な差別化は図られると思いますけどね。

2014-07-30 07:44 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/31-d8daa2fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。