「ゴルフ GTE」発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴルフ GTE」発売

20150908_a1.jpg


フォルクスワーゲンとしては初となるプラグインハイブリッド車(PHEV)、「ゴルフ GTE」の販売が、9月8日より開始された。


ゴルフ GTEには、最高出力150psの1.4リッターエンジンと109psの電気モーターを組み合わせた、パラレルハイブリッド式のパワートレインを搭載。

トランスミッションには、PHEV専用に開発された6速DSGが採用されている。


ドライブモードは、「E」、「HV」、「GTE」の3つがあり、ドライバーはいずれかを選択して走行することができる。


電気自動車(EV)として動作する「E」モードでは、最大で53.1kmの航続が可能。
最高速度130km/hまで、電気モーターによる鋭い加速を味わうことができる。

「HV」モードでは、エンジンと電気モーターを状況に応じて別々に駆動したり、同時に駆動したりしながら、効率のよい走行をおこなう。

「GTE」モードでは、エンジンと電気モーターが常に同時に作動し、いつでも最大パワーを繰り出せる状態となる。ちなみに0-100km/hタイムは7.6秒。

バッテリー充電は、200Vの家庭用電源を使用した場合、約3時間で満充電となる。

価格は499万円(税込)。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/09/08/259633.html
http://www.volkswagen.co.jp/content/medialib/vwd4/jp/volkswagen/news/2015/001219_web/_jcr_content/renditions/rendition.download_attachment.file/001219_web.pdf


499万円の価値があるのか


ゴルフと言えば、フォルクスワーゲンを代表する車種と言っていいだろう。
一応、フラッグシップは「パサート」ということになっているようだが、筆者としては、フォルクスワーゲンの事実上のフラッグシップは「ゴルフ」だと思っている。


そんなゴルフだが、現行型ゴルフの出来の素晴らしさは今さら語るまでもないとして、今回登場した「ゴルフ GTE」はどうなのだろう?

ゴルフをベースにしたPHEVということだが、元々のゴルフの素晴らしさを損なわずにPHEV化することが出来ているのだろうか?


筆者が実際に試乗して、その走りの仕上がりの素晴らしさに思わず絶賛した「ゴルフ TSI ハイライン」の価格は、約342万円。

そして今回の「ゴルフ GTE」が499万円。
その差、150万円以上である。

150万円以上も価格的に上積みされているのだから、当然、あの素晴らしい「ゴルフ TSI ハイライン」よりもさらに素晴らしい、ということであれば万々歳なのだが、正直かなり半信半疑である。

なにしろメカ的なシステムの構成があまりにも違いすぎるし、バッテリー搭載による重心や重量の違いなど、もはや「ゴルフ」とは名ばかりの別のクルマになっていると考えた方が無難ではないだろうか。


とはいえ、フォルクスワーゲンが満を持して投入してきた初のPHEV。
これはフォルクスワーゲンとしても、その歴史の中において大きな通過点となる、注目度の高いトピックだ。

もし中途半端なモノを出してしまったら、その通過点は同社にとっての黒歴史となってしまうわけで、そうそうレベルの低いモノは出してこないだろうという勝手な想像もできたりする。

実際のところはどうなのか。
今後、一般ユーザーへのゴルフ GTEの納車が進んだ頃、世間一般からどんな声があがってくるのか、要注目だ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/311-74246b7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。