2015年末に発売!新型プリウス、ついに世界初公開 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年末に発売!新型プリウス、ついに世界初公開

20150909_a1.jpg


9月9日(日本時間)、トヨタは、米国ラスベガスで新型プリウスを初公開した。
2015年末から日本で販売が開始され、順次、世界各国での発売が予定されている。


今回で4代目となる新型プリウスは、トヨタの新たな設計思想、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を初めて採用。
ハイブリッドシステムの軽量化や、ボディ剛性の強化、低重心パッケージと先進的かつエモーショナルなデザインの融合などを実現している。

北米仕様モデルのボディサイズは全長4540mm、全幅1760mm、全高1470mm。
ハイブリッドシステムも進化しており、熱効率を40%以上高めたとのことだが、現時点では詳細は公表されていない。


デザインは、ルーフの頂点を20mm低くし、エンジンフードも低く抑えることにより、よりスタイリッシュなシルエットとなった。


20150909_a2.jpg


ヘッドライトは複雑な形状、テールランプも縦長の形状としたことで、これまでにない斬新さで、新しさを表現したデザインとなっている。


20150909_a3.jpg


価格については、現時点では未定である。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/09/09/259727.html
http://response.jp/article/2015/09/09/259704.html
http://response.jp/article/2015/09/10/259792.html
http://response.jp/article/2015/09/10/259754.html


「高くなる」という噂の、新型プリウス


トヨタの大人気ハイブリッド車にして、「ハイブリッド」の代名詞的存在のトヨタ「プリウス」。

その新型のデザインがいよいよ公式に公開されたわけだが、パッと見の印象としては、これまでのプリウスよりエモーショナルな雰囲気が強くなったというか、「走る気」が感じられる外観となったように思う。

もちろん、デザインに関しては人によって好みが千差万別であるため、このデザインが良いかどうかは人によって意見が分かれるところだろう。

とりあえず筆者が見た印象としては、好きか嫌いかは別として、攻めが感じられるデザインだと思うし、新型としての変貌ぶりもなかなかダイナミックだと思うので、そういう意味では好印象だ。


で、問題はまだ未定となっている価格だ。

車種にもよるが、全体的に最近の日本車は価格が上昇傾向にある。
特に軽自動車なんて、「なんで軽なのにそんなに高いの!?」という、驚くような価格のものがたくさんある。

今回のプリウスも、一部情報では「先代よりも20万円程度高め」という話もあり、正確にはまだわからないものの、価格帯は上方へシフトするのではないかという見方が強いようだ。


ただ、価格は多少高くなっても、その価格に見合うだけの「中身」が伴っていれば顧客からの支持は得られるだろうし、その内容次第では、従来よりさらに高く評価されるクルマになることだってあるはずだ。


プリウスは、筆者もちょっと前に代車で借りていたことがあるのだが、そのハイブリッドシステムの走行フィールはお世辞にも誉められたものではなかった。

今度のプリウスはどうか。

進化したハイブリッドシステムの実力が、今までよりますます「燃費重視」で、走行フィールそっちのけになっていないことを祈る。
まぁでも、「燃費命」みたいなクルマなので、正直あまり期待はしていないのだが・・・。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/312-67046743

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。