レガシィ B4/アウトバック、B型発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レガシィ B4/アウトバック、B型発売

20150910_a1.jpg


スバルは、レガシィ B4/アウトバックを一部改良 (スバル車では恒例の、年次改良のB型)し、10月1日より発売すると発表した。


今回の改良ではアドバンスドセイフティパッケージを標準装備。

アドバンスドセイフティパッケージは、

・スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)
・ハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)

をセットにした安全装備。

より安心・快適なドライブをサポートする。


また、インテリアの質感、機能性、動的質感の向上も改良のポイント。

・上級グレードのLimitedにアイボリー内装(本革仕様)を追加
・ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーションが音声認識機能に対応
・スタブレックスライドの減衰特性見直しによる乗り心地向上
・ステアリングシステムの最適化による操舵感向上

といった改良が施されている。


ボディカラーには新たに「ダークブルー・パール」を展開。

価格は291万6000円(税込)から345万6000円(税込)となっている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/09/10/259778.html
http://www.fhi.co.jp/press/news/2015_09_10_1014/


何気に気になる「スタブレックスライド」の改良


スタブレックスライドは、上級グレードのLimitedに装備されている新開発ダンパー。
今回の改良で、その乗り心地はさらに高められたという。

改良のトピックとしては、アドバンスドセイフティパッケージが標準装備されたことが大きなトピックだと思うのだが、筆者としてはむしろ、スタブレックスライドの改良によってどんな乗り心地になったのか、そちらのほうが気になる。

というのも、レガシィB4のLimitedに試乗した際、新開発のダンパーにしては非常に完成度が高く、そのまろやかな感触がなかなか好印象だったから。
それがさらに良くなったというのだから、これは気にならずにはいられないだろう。

欲を言えば、現在のレガシィB4に与えられたキャラクターを考えれば、もう少しストローク感のある乗り心地でもいいのかなと思っていたのだが、今回の改良ではそのへんが改良というか、よりコンフォートな仕上がりになったのだろうか?

改良後のレガシィの評判が気になるところだ。


価格も上がったが許容範囲


今回の改良で、価格は約5万円ほど上がった。

しかし、アドバンスドセイフティパッケージで強化された後方に対する安全支援装備や、Limitedの場合は乗り心地までが改善されているというのだから、まぁ充分に許容できる価格上昇ではないだろうか。


ただ、近年は特に安全装備系を中心に、以前には無かったいろんな装備が標準装備化されたりしていることもあってか、クルマのベース価格がどんどん高くなってきていると感じる。

若者のクルマ離れや、アベノミクスだなんだと言いながらも実質賃金がほとんど上昇しない世の中において、クルマの価格がどんどん上がっていくのは勘弁してもらいたいという気がしなくもない。

メーカーさん、改良は「価格据え置き」でお願いします。(笑)

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/313-a855464f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。