Cクラス ディーゼル車を日本導入、注文受付開始! - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cクラス ディーゼル車を日本導入、注文受付開始!

20150928_a1.jpg


メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスにクリーンディーゼルモデル「C220d」を追加し、9月28日より注文受付を開始した。発売予定は10月とのことだ。


今回、ラインナップに追加される「C220d」のモデルは、

C220d アバンギャルド
C220d ステーションワゴン アバンギャルド
C220d ステーションワゴン スポーツ
C220d ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)

の4モデル。

搭載される2.2リットル直列4気筒BlueTECエンジンは、最高出力170ps、最大トルク400Nmを発揮。
組み合わされるトランスミッションには、Cクラス初となる9速ATを採用することにより、静粛性と燃費を高いレベルで実現している。

なお、各モデルの価格は以下の通り。

20150928_a2.jpg


【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/09/28/260871.html
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2015/20150928_1.pdf


最悪?それとも絶好?


「クリーンディーゼル」と言えば、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題が大々的に騒がれていることはご周知の通り。
ある意味、いま最も注目度の高いキーワードの1つではあるが、完全にネガティブなイメージでの注目のされ方であることは間違いない。

そんな最中、メルセデスは予定通り、Cクラスへのクリーンディーゼル日本導入を敢行したわけだが、これは吉と出るのか凶と出るのか。


もちろん、メルセデスは排ガス不正などしていないと公言しているので、堂々と発売すればいいのだが、フォルクスワーゲン問題のせいで「クリーンディーゼル」そのものに疑念が広がっている状況だけに、販売台数への影響は無視できない気もする。

一方で、むしろ「不正をしていないクリーンディーゼル」ということを強くアピールし、それが広く認知されるようになれば、この騒動を味方につけて販売台数を伸ばすことができる、という考え方もある。


Cクラス ディーゼルモデルの販売開始、このタイミングは最悪なのか、それとも絶好なのか。

これでもし売れ行きが想定以上に好調となるようであれば、日本におけるクリーンディーゼルの雄、「マツダ」にとっても大きなチャンスと言えるだろう。

今後の「C220d」の売れ行きに注目だ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

問題なく売れると思います。
何せ…
かっこいいとか悪いとか、性能うんぬん別にしてベンツC、E、SとBMの3、5、7の信用度は別格ですから!
日本車ならクラウンかな?
所詮といっては失礼ですが…
所詮フォルクスワーゲンです。
今回の問題で日本で一番イメージダウンしたのはアウディでは?
ベンツCの売れ行きとマツダの売れ行きは別次元の問題ではないでしょうか?

2015-09-29 23:09 | from -

No title

http://www2.mazda.co.jp/info/20150929/

昨日、マツダが出したIRを好材料に本日のマツダの株価は暴騰しました。
マツダにとって心配なのは国内販売よりも主戦場になってる欧州だと思います。

欧州ではクリーンディーゼルが主流ですがVWの欧州でのシェアの大きさを考えますと
VWの不正の影響でクリーンディーゼルよりハイブリッドが主流になっていくかもしれませんからね。

2015-09-30 19:41 | from -

Re: タイトルなし

管理人です。

> 問題なく売れると思います。
> 何せ…
> かっこいいとか悪いとか、
> 性能うんぬん別にして
> ベンツC、E、SとBMの3、5、7の信用度は別格ですから!

 まぁベンツとビーエムは不正していないことを
明言してますし、普通に考えれば問題ないのですが、
なんせ日本では元々が「ディーゼル」という響きに
良いイメージが無いですからね、そのへんが
気になるところです。

 最近になって、日本でもようやく
ディーゼルのイメージが良くなりつつあっただけに、
そこに水をさす形にならなければ良いのですが。(-_-)


> 今回の問題で日本で一番
> イメージダウンしたのはアウディでは?

 今日の記事にも書きましたが、
実は自分もそれを心配しています。

 クルマに限らず、「ブランド品」にとって
世間からどう見られてるかというのは
重要な要素なので、フォルクスワーゲン以上に
アウディのダメージはデカい気がします。


> ベンツCの売れ行きとマツダの売れ行きは
> 別次元の問題ではないでしょうか?

 まぁ確かに、客層が違いますから、
リンクしないかもしれないですけどね。

 ただ、今回の事件によって
今後国内で高まるかもしれない、
「クリーンディーゼルへの拒否感」
を量るという意味では、
Cクラスディーゼルの売れ行きは
参考になるのではないかと思っています。

 Cで売れなきゃ、マツダにとっても
恐らく戦況は厳しいでしょ、
みたいな。(^o^)

2015-09-30 23:33 | from 管理人 | Edit

Re: No title

管理人です。

> マツダにとって心配なのは
> 国内販売よりも主戦場になってる
> 欧州だと思います。

 欧州はディーゼルの普及率は高いですし、
むしろライバルが傷ついた状況では
心配よりもチャンスのほうが
大きい気がしますけど、
確かにここまで大きな事件となると、
「ディーゼル」そのものに対する
拒否反応が出るかもしれませんしね。


> VWの不正の影響でクリーンディーゼルより
> ハイブリッドが主流になっていくかも
> しれませんからね。

 欧州のハイブリッド車は、
環境保護うんぬんとか低燃費うんぬんより、
モアパワーの動力性能を求める傾向の
ラインナップになってますから、
日本におけるハイブリッドのイメージとは
だいぶ違う気がします。
ディーゼルに成り代わるには、
価格面で折り合わないケースが
多いのではないかと思われます。

 かと言って、安価なハイブリッド、
いわゆるプリウスとかアクアみたいな
環境性能重視型のハイブリッドでは、
そのドライバビリティから言って
恐らく欧州で主流にはなり得ないでしょう。
速度域も日本とはぜんぜん違いますしね。

2015-09-30 23:50 | from 管理人 | Edit

No title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00010000-socra-bus_all

>クリーンディーゼルよりハイブリッド

入力間違えていました。
クリーンディーゼルよりプラグインハイブリッドが主流になっていくかもしれませんからね。
というより欧州のメーカーも既にプラグインハイブリッドに移行しつつあります。

今度の事件の影響で筆者もおっしゃってるようにユーザーから拒否反応が出る事も考えられクリーンディーゼル離れが起こると欧州を主戦場にしているマツダとしては先行きが不安になって来ると思われます。

2015-10-01 01:24 | from -

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/324-58c2c417

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。