VWとアウディがグリーンカー賞を返上!? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VWとアウディがグリーンカー賞を返上!?

20151001_b1.jpg


排ガス不正の違法ソフト問題で渦中にある、フォルクスワーゲングループ。
同社が、過去に受賞した「グリーンカーオブザイヤー」を返上することが分かった。


これは、米国のグリーンカージャーナル誌が明らかにしたもので、

「フォルクスワーゲンとアウディから、グリーンカーオブザイヤー返上の申し出を受けた」

と発表している。


フォルクスワーゲングループでは、2008年にフォルクスワーゲン「ジェッタ TDI」、2009年にアウディ「A3 TDI」が、グリーンカーオブザイヤーを受賞。

しかし、その両車とも、排ガス試験での不正が発覚したエンジンを搭載したクルマだった。


グリーンカーオブザイヤーは、米国で過去1年に発売されたクルマの中から、最も環境性能に優れた1台を選出する賞。

グリーンカージャーナル誌の編集長は、
「フォルクスワーゲンとアウディのグリーンカーオブザイヤー賞の取り消しは、遺憾だが適切な措置」
とコメントしている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/10/01/261176.html


剥奪ではなく、返上?


このニュースのネタ元の記事を読む限り、あくまでもフォルクスワーゲンとアウディ側から申し出があって、それを受けての賞の取り消しという形のようだ。

普通に考えると、不正があったのだから返上ではなく、それ以前に剥奪されるべきだと思うのだが・・・。

まぁ2008年と2009年の話だけに、もう今さら・・・というところなのかもしれないが、本来なら受賞すべきクルマが他にあったわけだから、今からでも過去の資料をほじくり返して、くり上げ受賞となるクルマを大々的に発表してあげるべきではないだろうか。

正直者がイカサマ野郎に賞を奪われて、イカサマが発覚してもそのままほったらかしというのでは、何とも気の毒な話である。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

ついでに2013日本カーオブザイヤーと2013および2014世界カーオブザイヤーも返上するべきだ!

2015-10-03 13:07 | from -

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/327-a3584cf1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。