VW、排ガス不正への対応策 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW、排ガス不正への対応策

20151007_b1.jpg


フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラー新CEOは、ドイツ本社で開催した従業員向け説明会の場で、排ガス不正対象車への対応策について言及。


同CEOは、

「多くの場合、ソフトウェアのアップデートで済むだろう」

と発言した。


また、ソフトのアップデートだけで排ガス基準をクリアできるのか?という疑問については、

「いくつかの車種では、ハードウェアの改良が必要になるだろう」

と語っている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/10/07/261569.html


燃費性能は維持できるのか?


今回のCEOの発言は、本当に根拠があっての話なのだろうか?

当時のソフトウェアの技術レベルでは不正をしないとテストをクリアできなかったが、今のソフトの技術レベルであれば、不正をせずともクリアできるような制御が可能だ、ということなのだろうか?

まぁ最新のディーゼルエンジンでは不正はないということなので、ソフトの書き換えだけで対策できる可能性は無くはないとは思うのだが、本当にその対策方法で、スペック通りの燃費性能をキープできるのだろうか?


「カタログ燃費に対し、通常走行での燃費は悪い」ということに関しては、なぜかユーザーは当り前のこととして寛大に受け入れている傾向があるが、何事にも限度はある。

リコールで対策をしてもらったが、そしたら今度は、

「カタログ燃費と実燃費の差が、あまりにも大き過ぎる!」

などという騒ぎにならないことを祈りたい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/332-c37f949e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。