意外?当然?「86」と「ロードスター」比較テストの結末 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外?当然?「86」と「ロードスター」比較テストの結末

20151018_a1.jpg


トヨタの「86」と、マツダの「ロードスター」をサーキットで比較テストする動画が、ネット上で公開されている。
ラップタイム計測で、FRスポーツカーバトルを制したのは・・・。


この動画は英国の自動車メディア「Auto Express」が配信したもの。

サーキットを、新型「MX-5」(日本名:ロードスタ)と「GT86」(日本名:86)のそれぞれで走行し、比較テストする様子が収められている。


 画像をクリックするとYouTubeにジャンプします。
20151018_a2.jpg

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/10/18/262282.html


光る!ロードスターの安定性


動画を見ていて感じたのは、86は挙動の乱れが随所で目立ち、その修正のためのステアリング操作が忙しそうだというところ。

一方、ロードスターの挙動は非常に安定しているように見える。
トラクションのレベルが高く、ドライバーの運転操作を路面に伝える能力が、86に比べると1枚上手のようだ。


意外なラップタイム


日本仕様との違いがあるのかないのか、細かいことはわからないが、とりあえず日本仕様の場合、

「86」・・・200ps、20.9kgf・m
「ロードスター」・・・131ps、15.3kgf・m

と、両車の動力性能はかなり差がある。

これだけパワーに差があると、さすがにラップタイムでは86が上回るであろうと思いきや、結果はロードスターの勝利。

とはいえ、車両重量では約200kgほどの差があるため、そこが随所での立ち上がり加速などに大きく影響しているのかもしれない。

これが「ライトウェイト」のスゴさ、走りの楽しさというやつだろうか。

<追記>
欧州仕様のロードスターは、1.5リッターだけでなく、2.0リッターモデルも併売されているようです。
2.0リッターモデルの場合、160ps、20.4kgf・mというスペックのようです。
(ソース:http://response.jp/article/2015/03/04/245756.html)
動画に登場するロードスターは、恐らく、というか、ほぼ間違いなく、2.0リッターモデルと思われます。
筆者、2.0リッターモデルはアメリカ仕様だけだと思い込んでおりました。
以上、ここにあたらめて加筆させて頂きます。



かと言って、動画を見ている限り、決して「86」が楽しくないわけでもなさそうだ。

ラップタイムの速さ=楽しさではないと思うし、そこはそれぞれが個性のある楽しさを提供できていれば、それで良いのだと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

NDの北米仕様は2リッターですよ
日本仕様のNDはNCより遅いと主査の方も明言されてます。

2015-10-19 21:34 | from -

Re: タイトルなし

管理人です。

> NDの北米仕様は2リッターですよ

 はい、そうなんです。
確かに米国仕様が2リッターなのは、
新型ロードスターの情報が出始めた当初から、
早々に話題になっていたので知ってたのですが、
欧州仕様は1.5リッターだと思ってました。

 コメント頂いたことがきっかけで、

「確かに、1.5リッターのクルマと
2.0リッターのクルマを比較テストするのは
なんかおかしいなぁ」

と思い、
ひょっとして欧州にも2.0リッターがあるのかな?
と調べてみたところ、欧州仕様では1.5と2.0が
併売されていることを知りました。(^o^;

 その点、記事内に赤字で追記しておきました。

 コメント頂いたことにより、
間違った思い込みに気付くことができました。
ありがとうございました。m(_ _)m

2015-10-20 01:27 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/338-4be2eccd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。