新型RX、価格もボディサイズもアップして発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型RX、価格もボディサイズもアップして発売

20151022_b1.jpg


レクサスは、「RX」をフルモデルチェンジし、10月22日に発売した。


新型RXは、「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発。


20151022_b2.jpg


エクステリアは、SUVらしい「力強さ」と知的な「大人の色気」を兼ね備え、RXのDNAさらに進化させた。
ホイールベースは先代より50mm延長され、堂々としたプロポーションとゆとりある室内空間を両立。
また、ブラックアウトしたクォーターピラーを浮いたように見せる特徴的なルーフが、優美なラインを創出している。

なお、ボディサイズは全長4890mm、全幅1895mm、全高1710mm。
特に全長は、先代より120mmも長くなった。


20151022_b3.jpg


インテリアは、センタークラスターやエアコンレジスターなどの機能部位には硬質な素材を使用し、人の手が触れる部分には柔らかで上質な素材を使用することで、機能の違いを素材感で表現した。


走行面では、エンジンマウントの配置をエンジンの重心により近い位置でボディに懸架し、エンジンの動きを抑制することで高い操舵応答性を確保した。
また、フロントサスペンションの構造変更やフロントスタビライザーの大径化によりロール剛性を高めるなど、フラットな車両姿勢を実現している。


グレード展開は、ハイブリッドの「RX450h」と、直4ターボの「RX200t」の2系統。

20151022_b4.jpg


RX450hは、燃料噴射システムD-4Sを新たに搭載し、排気冷却を強化したシリンダヘッドの採用など、最新技術を組み合わせ、先代よりも出力性能を向上させつつ、省燃費性能も向上させている。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/10/22/262569.html
http://lexus.jp/pressrelease/news/20151022.html


まだまだ引っ張る、6速AT


今回の新型RXは、全長が先代より120mmも長くなるなど、ボディサイズの巨大化が進んだだけでなく、ベースとなる価格もアップした。

最近のクルマは安全装備系の標準装備化が進むなど、どうしても装備面でのコスト増が避けられないという事情もあってか、車両価格がどんどん高くなっている傾向がある。
なので、ベース価格がアップしたこと自体は特に驚くようなことではない。


ただ、最も安いグレードでも495万円と、約500万円。(先代最終モデルの最安グレードの価格は約443万円)


車両本体価格がここまできて、しかもこの時代、この時期に登場するフルモデルチェンジのクルマであれば、今さらもう6速ATではなく、8速ATを採用してほしかったというのが正直な感想だ。

一部改良やマイナーチェンジでの「改良ネタ」確保のために、そこは温存といったところだろうか?


多段化が進む世界のライバル


いや、別に多段であればあるほど良い、と言っているのではない。
乗って走って、そのフィーリングが良好であるならば、6速だろうが8速だろうが、そんなことはどうでもいい。

しかし、このクルマは「レクサス」。

世界的にも「高級ブランド」として認知されている、高級車なのだ。


ご存知の通り、世界の高級車のトランスミッションは、どんどん多段化が進んでいる。

その世界で戦う高級車に求められる贅沢とは、「これで良いからこれにしよう」、ではなく、「これでも良いけど、こっちのほうが良いからこっちにしよう」だ。

つまり、6速ATでも良いだろう、ではなく、8速ATを用いたほうがより滑らかで燃費性能も向上できる可能性があるわけだから、そこはぜひ8速ATを採用してほしいと思うわけだ。


もちろん、RXが400万円以下のクルマならそこまで言わない。

しかし、最安グレードでさえ約500万円するのであれば、世界のライバルたちと戦うRXとしては、今の時代、8速ATの採用は必須の要素だったと思う。

レクサスは新型RXの主力グレードをハイブリッド(RX450h)と考えているのかもしれないが、発売直後はともかく、長い目で見るとなんだかんだで安いほうのグレードが売れ筋グレードになるものなので、NXとのわかりやすい差別化ポイントの1つとしても、8速ATにすべきだったと思うのだ。

クラウン アスリートは、最安グレードの「2.0アスリート-T」(388万円)でさえ8速ATなのに。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/341-b7c597f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。